基本的な使い方

pause.exeを実行することで起動できます。

対象とするウィンドウをアクティブにした状態で Pauseキーを押すことで、それを最前面に表示できます。同じウィンドウにもう一度Pauseキーを押すことで、最前面を解除します。

最初から最前面に表示されるウィンドウに対して実行することで、最前面の表示を解除することもできます。

ソフトを終了するには、通知領域 (タスクトレイ) のアイコンを右クリックします。そのとき表示される[一時停止]を選択するとPauseキーに応答しなくなり、機能を一時的に停止することもできます。

ソフトの終了後にも最前面の設定は有効ですので、常駐させずに使用することも可能です。