アクセシビリティ (Accessibility)

ここでは各OSの、アクセシビリティ向上のための取り組みについてまとめています。

アクセシビリティ (accessibility)

情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。"accessibility" とは「近づきやすさ」「接近容易性」といった意味の英単語である。

例えば、手や腕の障害のためにマウスを使えない場合、ソフトウェアはキーボードだけで利用可能である必要がある。弱視や老眼の人にとってはフォントサイズや配色は容易にカスタマイズ可能でなくては見にくい。視覚障害の人は読み上げソフトを使うので、それに適したレイアウトや記述方法が求められる。

特に、Webページについての「利用のしやすさ」を「Webアクセシビリティ」という。これについては「WCAG」 (Web Content Accessibility Guidelines) という指針がW3Cによって提唱されている。画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められている。

アクセシビリティとは 【 accessibility 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典