Telnetの使用方法

導入

Telnetのインストール

Windows Vista以降では、初期状態ではTelnetはインストールされていません。

Telnetコマンドを実行しようとして、

'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

のようなエラーとなるならば、先にTelnetをインストールする必要があります。

インストールは、コントロール パネルにある[Windows の機能の有効化または無効化]で、[Telnet クライアント]にチェックを入れることで行えます。VistaでTelnetクライアントを利用する - @IT 打越浩幸 (2007/11/30)

使用方法

telnet [-a][-e エスケープ文字][-f ログ ファイル名][-l ユーザー名][-t 端末の種類][ホスト [ポート]]
オプション 説明
-a 自動的にログオンします。ユーザー名を自動的に処理する以外は-lオプションと同じです。
-e Telnetクライアント プロンプトに入るためのエスケープ文字です。
-f クライアント側のログのファイル名です。
-l リモート システムにログインするユーザー名を指定します。リモート システムがTELNET ENVIRONオプションをサポートしている必要があります。
-t 端末の種類を指定します。サポートされている端末の種類はvt100,vt52,ansiとvtntのみです。
ホスト ホスト名または接続するリモート コンピュータのIPアドレスを指定します。
ポート ポート番号またはサービス名を指定します。
telnet /?

コマンドモードでの起動

引数を指定せずにtelnetを実行します。

C:\>telnet

そうするとTelnetが起動し、入力待ちの状態となります。

Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は 'CTRL+]' です

Microsoft Telnet>

この後は下表のコマンドで操作できます。

コマンド 説明
正式 省略形
open o ホスト名に接続します (既定のポート番号は 23)
open ホスト名 [ポート番号]
close c 現在の接続を終了します
quit q Telnet を終了します
send sen サーバに文字を送信します
set set オプションを設定します ('set ?' で一覧表示)
unset u オプションを解除します ('unset ?' で一覧表示)
display d パラメーターを表示します
status st 状態を表示します
help ?/h ヘルプを表示します
Telnet コマンド - Microsoft Windows

サーバへの接続

Microsoft Telnet> open localhost 80
HEAD / HTTP/1.1
host:localhost