デザインパターンの種類とその目的

デザインパターンとはソフトウェアの設計手法の再利用を目的に、ソフトウェア開発における典型的な設計パターンをまとめたものです。ここでは、そのパターンについて解説します。

デザインパターンの種類

GoFのデザインパターン
No. カテゴリ パターン 目的
1 デザインパターンに慣れる Iterator 1つ1つ数え上げる
2 Adapter 一皮かぶせて再利用
3 サブクラスに任せる Template Method 具体的な処理をサブクラスに任せる
4 Factory Method インスタンス作成をサブクラスに任せる
5 インスタンスを作る Singleton たった1つのインスタンス
6 Prototype コピーしてインスタンスを作る
7 Builder 複雑なインスタンスを組み立てる
8 Abstract Factory 関連する部品を組み合わせて製品を作る
9 分けて考える Bridge 機能の階層と実装の階層を分ける
10 Strategy アルゴリズムをごっそり入れ替える
11 同一視 Composite 容器と中身の同一視
12 Decorator 飾り枠と中身の同一視
13 構造を渡り歩く Visitor 構造を渡り歩きながら仕事をする
14 Chain of Responsibility 責任のたらい回し
15 シンプルにする Facade シンプルな窓口
16 Mediator 相手は相談役1人だけ
17 状態を管理する Observer 状態の変化を通知する
18 Memento 状態を保存する
19 State 状態をクラスとして表現する
20 無駄をなくす Flyweight 同じものを共有して無駄をなくす
21 Proxy 必要になってから作る
22 クラスで表現する Command 命令をクラスにする
23 Interpreter 文法規則をクラスで表現する

参考

参考書