エディタ (Editor)

Tips

Ctrl + Mで、エディタの表示領域を最大化できます。

コード入力の自動化

入力を補完する機能は、

入力内容を修正する機能は、

  • クイック フィックス (Quick Fix) Ctrl + 1

があります。Eclipseショートカット・補完 - Strategic Choice

なお「単語補完」は「コンテンツ アシスト」に含まれ、「クイック アシスト」は「クイック フィックス」から実行できます。よってCtrl + SpaceCtrl + 1の2つのキーさえ覚えておけば、事足ります。

コンテンツ アシスト (Content Assist)

コンテンツ アシストは、コード入力を補完する機能です。どのように補完を機能させるかは、Preferencesの環境ごとの[Content Assist]の項目で調整できます。

クイック アシスト (Quick Assist)

クイック アシストは、コードを変形する機能です。たとえば、

new Object();

に[Assign statement to new local variable]を適用すると、

Object object = new Object();

のようにコードが変形されます。また、

if (x) a(); else b();

に[Change 'if-else' statements to blocks]を適用すると、

if (x) {
    a();
} else {
    b();
}

となります。

実行方法

この機能はクイック フィックスに含まれるため、クイック フィックスのショートカットCtrl + 1を押して、リストから選択するのが簡単です。

また次の機能には、

  • Rename in file … Ctrl + 2, R
  • Assign to local … Ctrl + 2, L
  • Assign to field … Ctrl + 2, F

のようにショートカットが割り当てられているため、このキーから直接実行することもできます。

マーカーバー (Marker Bar)

エディタ領域の左側にある垂直のバーを、マーカーバーと呼びます。

マーカー (Markers)

マーカーバーに表示されるアイコンをマーカーと呼びます。

マーカー 説明
ブックマーク
(Bookmark)
ブレークポイント
(Breakpoint)
タスク
(Task marker)
検索結果
(Search result)
エラー
(Error marker)
警告
(Warning marker)
情報
(Information marker)
Editor area marker bar - Help - Eclipse Platform
マーカー 説明
オーバーライド
(override)
実装
(implements)
クイック アシスト
(Quick assist)
Icons - Help - Eclipse Platform (Java)

ホバー (Hovers)

エディタで文字にマウスポインタを合わせる、またはF2キー押下することで、その位置の文字に問題や注釈があるときには、それがツールチップで表示されます。

表示内容はPreferencesの【General → Editores → Structured Text Editors】の[Hovers]タブで設定できます。既定では[Combined Hover]となっており、適切な内容が選択されて表示されます。表示内容を明示するには、その選択を外し他の項目にチェックを入れます。そもそもこの機能が不要ならば、すべてのチェックを外します。

言語によっては個別にホバーの設定を持つものもあり、その場合にはそれぞれの言語の項目で設定します。

ブロック選択 (Block Selection)

アプリケーションによっては「矩形選択」と呼ばれる機能で、矩形 (長方形) で囲んだ範囲を選択できます。

このモードに切り替えるにはショートカットのAlt + Shift + Aを押下するか、ツールバーの[Toggle Block Selection Mode]アイコン をクリックします。

ブロック選択モードに切り替えると、表示フォントが変更されます。これはこのモード用のフォント設定があるためで、それはPreferencesの【General → Appearance → Colors and Fonts】にある[Text Editor Block Selection Font]です。

インデントに使用される文字

インデントに使用される文字は、環境ごとの設定に依存します。それはPreferencesで設定でき、たとえば

  • HTMLでは … 【Web → HTML Files → Editor】で、[Indent using tabs]か[Indent using spaces]を選択する。
  • Javaでは … 【Java → Code Style → Formatter】でプロファイルを選択し[Edit]をクリックする。そして表示されるウィンドウで[Indentation]タブの[Tab policy]から選択する。

のように行います。