日本語化

Eclipseを日本語化するには、BabelPleiadesの2つのプラグインがあります。

Babel

メニュー【Help → Install New Software】から、ソフトウェアのインストール画面を表示します。

Name Babel Update Site
Location http://download.eclipse.org/technology/babel/update-site/R0.8.1/helios
Eclipse Babel Project Downloads ※ 情報を取得し言語の一覧が表示されるまでは、ひどく時間がかかることがあります。

[Babel Language Packs in Japanese]を選択します。

インストールの完了後、再起動すると日本語に変更されます。

言語の変更

Eclipseのインストール フォルダにあるeclipse.iniを編集することで、言語の変更ができます。国際化プログラミングの常識 (1/3) - @IT 伊賀敏樹 (2007/05/02)

たとえば英語に変更するならば、次の記述を追記します。

-Duser.language=en
-Duser.country=US

Pleiades

Pleiadesで日本語化を行うにあたっては、すでにEclipseをインストール済みかどうかによって次の2つの導入方法があります。

  1. Pleiades All in One (Pleiadesが適用された状態のEclipse)
  2. Pleiades本体

ここでは2番目の、Pleiades本体を導入する方法について解説します。

Pleiadesの配布サイトであるMergeDoc Projectの、Pleiades本体ダウンロードのリンクからPleiadesをダウンロードします。そしてダウンロードしたファイルを展開します。

そこに含まれるpluginsとfeaturesディレクトリ内のファイルを、Eclipseのインストール ディレクトリにある同名のディレクトリにそれぞれコピーします。

次にEclipseのインストール ディレクトリにあるeclipse.iniに、次の記述を追記します。

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

そしてEclipseを起動するとPleiadesが適用されます。このとき初回の起動時には、多少の時間がかかります。

元の言語へ戻す方法

eclipse.iniに追記した -javaagentの指定を除去します。そのためには行の先頭にセミコロン (;) を記述してコメントアウトします。

そしてEclipseを -cleanモードで起動することで、変更が適用されます。Pleiadesには -cleanモードで起動するための[eclipse.exe -clean.cmd]が付属しますので、これをEclipseの実行ファイルと同じディレクトリで実行するのが簡単です。Eclipseを起動することで、変更が適用されます。

Eclipseのビューによっては変更が正しく反映されないことがありますが、その場合にはそのビューを開き直すと修正されます。

対応プラグイン

Pleiades対応Eclipseプラグイン一覧 - MergeDoc Wiki - OSDN