Google AdWords

広告の作成

広告のフォーマット

AdWordsの広告には、

などの種類があります。広告のフォーマットを選択する - AdWords ヘルプ

テキスト広告

広告に記載するテキストの制約が厳しいため、事前に編集基準 - AdWords 広告掲載のポリシー ヘルプをよく確認する必要があります。

掲載の基準

掲載基準を満たさない広告は、不承認となります。不承認 - AdWords ヘルプ

掲載する場所

キャンペーン タイプ (campaign types) で、広告を掲載する場所を決定します。最適なキャンペーン タイプを選択する - AdWords ヘルプ

掲載場所として指定できるのは、

のいずれか、または両方です。

なお、これらのAdWordsの広告が掲載されるサイトを総称して、Google ネットワークと呼称されています。

検索ネットワーク (Search Network)

検索ネットワークとは広告が掲載される検索サイトのことで、Google以外にもGoogleの検索パートナーも含まれます。

サイトリンク (sitelinks)

Googleの検索結果に表示される広告に、特定のページへのリンクを追加するには、サイトリンクを設定します。広告文の下に追加のサイトリンクを表示する - AdWords ヘルプ

検索広告向けリマーケティング リスト (Remarketing lists for search ads : RLSA)

ユーザーが自サイトを訪れた後にGoogleで検索したときに、そこに表示される広告を調整する機能です。検索広告向け AdWords リマーケティング リストについて - AdWords ヘルプ

ディスプレイ ネットワーク (Display Network)

ディスプレイ ネットワークとは広告が掲載されるパートナー サイトやアプリなどで、

  • Google AdSense 利用者のサイト
  • DoubleClick Ad Exchange 利用者のサイト
  • Google検索以外の、Google関連サイト (YouTube、Gmailなど)

があります。ディスプレイ ネットワークでの広告の掲載対象 - AdWords ヘルプ

広告の掲載先の指定 (ターゲティング方法)

広告の掲載先は、

などで指定できます。ターゲティング方法とは - AdWords ヘルプ

キーワード (keyword)

広告に関連するキーワードを指定します。このキーワードとGoogle検索のキーワードが一致したときに、広告が表示対象の候補となります。

または動的検索広告を利用して、サイトのコンテンツにもとづいてキーワードを自動的に決定させることもできます。動的検索広告を使用する - AdWords ヘルプ

品質スコア (Quality Score)

キーワードが適当であるかどうかは、品質スコアで確認できます。品質スコアについて - AdWords ヘルプ

プレースメント (Placements)

プレースメントとは、ディスプレイ ネットワークのサイトのなかで、広告が表示される場所を指す用語です。このプレースメントから特定のサイトを指定して広告を掲載するには、手動プレースメントを設定します。手動プレースメントの追加、編集、削除 - AdWords ヘルプ

入札単価 (bids)

広告の入札単価によって、掲載される場所とタイミングが決定されます。

自動入札 (automatic bidding)

自動入札ではクリック数が最大となるように、入札単価が自動調整されます。これはAdWordsの既定の入札単価の決定方法です。自動入札機能を利用する - AdWords ヘルプ

しかし既定の設定のままでは単価に上限がないため、予期せず高い入札単価が設定される恐れがあります。よって単価の上限を設定するのが安全です。それはキャンペーンの[設定] → [すべての設定]にある入札戦略で[予算内でクリック数が最大となるよう、入札単価を自動調整する]を選択した上で、[クリック単価の上限]をチェックし金額を入力することで設定できます。

特定のデバイスへの掲載の禁止

携帯端末には掲載する必要がない広告は、携帯端末の入札単価を0円とすることで、それを実現できます。この設定にはキャンペーンの【設定 → デバイス】にある、[フル インターネット ブラウザ搭載の携帯端末]の[入札単価調整比]を「-100%」とします。入札単価調整の設定 - AdWords ヘルプ

参考

AdSenseを利用しているならば、それの広告レビュー センターで、他のAdWords利用者の広告の例を確認できます。

広告の管理

AdWordsの広告は、

  • アカウント
  • キャンペーン
  • 広告グループ

の3つの要素で管理されます。これらの要素は階層化された構造を持ち、それは以下のようになります。

  • アカウント
    • キャンペーン1
      • 広告グループ1
      • 広告グループ2
      • 広告グループn
    • キャンペーン2
      • 広告グループ1
      • 広告グループ2
    • キャンペーンn
アカウント内のキャンペーンと広告を分類する - AdWords ヘルプ

アカウント

AdWordsのアカウントGoogleのアカウントと同義であり、

  • 管理者のメールアドレス
  • パスワード
  • 支払い情報

が管理されます。Google アカウント - AdWords ヘルプ

キャンペーン (Campaign)

キャンペーンは広告グループをまとめる枠組みであり、それぞれのキャンペーンでは

などを設定します。キャンペーンとは - AdWords ヘルプ

キャンペーンでより詳細な設定をするには、[キャンペーン設定]の[タイプ]で[すべての機能]を選択します。≫キャンペーン タイプ

[すべての機能]を有効にすると、次のような設定もできるようになります。

  • スケジュール: 開始日、終了日、広告のスケジュール設定
  • 広告配信: 広告のローテーション、フリークエンシー キャップ
  • キーワード マッチ
  • テスト
  • IP アドレスの除外
  • 動的リンクのトラッキング URL
  • 動的検索広告

ターゲット地域 (geographic locations)

国や都市以外にも、次のように地域を限定できます。

  • 特定の位置からの半径
  • 関心のある場所 … 場所の種類
    • 空港
    • 繁華街
    • 大学・大学院
  • ユーザー層別の地域 … 地域の平均世帯所得 (アメリカのみ)
広告のターゲット地域の設定 - AdWords ヘルプ

キャンペーンの期間

広告を掲載する期間を制限できます。キャンペーンの自動開始日と自動終了日を設定する - AdWords ヘルプ

広告グループ (Ad group)

広告グループとは、

の一式です。広告グループ - AdWords ヘルプ

支払い方法

広告の掲載費用の支払い方法には2つあります。

  • 自動支払い (Automatic payments)
  • 手動支払い (Manual payments)

このうち自動支払いは、広告の費用が発生した分だけ後から請求されます。一方で手動支払いは、広告の費用を先に支払い、その支払額の分だけ広告が表示されます。

プロモーション コード (Promotional code)

GoogleまたはGoogleのパートナーから提供される、広告費用の支払いに使用できるクーポンです。プロモーション コード(クーポン) - AdWords ヘルプ

予算 (budget)

予算を設定することで、費用を制限できます。1日あたりの費用はこの予算を超過することがありますが、1か月の平均では予算に収まるように調整されます。費用が 1 日の予算を超える場合がある理由 - AdWords ヘルプ

なお予算はキャンペーンごとに設定するものであるため、複数のキャンペーンを作成した場合には、全体の予算はそれらの合算となります。

成果の分析

コンバージョン (Conversion)

コンバージョンを調べることで、目標に対する各広告の貢献度を確認できます。

コンバージョン トラッキング (Conversion tracking)

コンバージョン トラッキングで、広告がクリックされた後の行動を追跡できます。具体的には広告のゴールとなるページに特定のコードを埋め込むことで、そのページが表示されたときにAdWordsにそれが記録されるようになります。

必要となるコードは、AdWordsの管理ページにある【運用ツール → コンバージョン トラッキング】で取得できます。それは、

<!-- Google Code for TEST Conversion Page -->
<img height="1" width="1" alt="" src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/***/imp.gif?label=***&amp;guid=ON&amp;script=0"/>

のようなトラッキング ピクセル (Webビーコン) です。

Google Analyticsへのリンク

Google Analyticsと関連付けることで、AdWordsの成果をより多面的に分析できるようになります。