JavaScriptの演算子

区分 演算子 説明
算術演算子 +, -, *, /, %, ++, --, - (符号反転) 数値 (リテラル、変数の両方) を演算対象とみなし、単一の数値を返す。
代入演算子 =, +=, -=, *=, /=, >>=, <<=, >>>=, &=, |=, ^= 右オペランドの値を左オペランドに代入する。
ビット演算子 &, |, ^, ~, <<, >>, >>> 演算対象を32ビットの (0と1の) ビットの並びとして扱い、標準的なJavaScriptの数値を返す。
比較演算子 ==, !=, ===, !==, >, >=, <, <= 演算対象を比較し、比較が真であるかどうかを基準とした論理値を返す。
論理演算子 &&, ||, ! 真偽 (論理) 値とともに用いられた場合は、真偽値を返す。
文字列演算子 +, += 2つの文字列の値を結合し、2つの文字列を組み合わせた別の文字列を返す。
メンバー演算子 object.property, object[ "property" ]

オブジェクトのメソッド、またはプロパティへのアクセスを提供する。

(ブラケット表記法は、連想配列に使用する)

演算子 - JavaScript | MDN

特殊演算子 (Special Operators)

演算子 説明
? : (条件演算子) 条件に基づいて、2つの値のうちの1つを返す。
, (カンマ演算子) 複数の式を、単一の文で評価する。
delete オブジェクトを削除する
function 関数を定義する。
in オブジェクトが指定のプロパティを持っているか判別する。
instanceof  
let ブロックレベルのスコープの変数を宣言する。
new  
set プロパティに、値が設定されるときに呼び出される関数を割り当てる。
get プロパティに、値が取得されるときに呼び出される関数を割り当てる。
this コンテキスト (カレント) オブジェクトを参照する。
typeof  
void  
yield  
演算子 - JavaScript | MDN

演算子の優先順位 (Operator Precedence)

優先順位 結合性 演算子
19 なし ( … )
18 … . …
… [ … ]
なし new … ( … )
17 … ( )
new …
16 なし … ++
なし … --
15 ! …
~ …
+ …
- …
++ …
-- …
typeof …
void …
delete …
14 … ** …
… * …
… / …
… % …
13 … + …
… - …
12 … << …
… >> …
… >>> …
11 … < …
… <= …
… > …
… >= …
… in …
… instanceof …
10 … == …
… != …
… === …
… !== …
9 … & …
8 … ^ …
7 … | …
6 … && …
5 … || …
4 … ? … : …
3 … = …
… += …
… -= …
… **= …
… *= …
… /= …
… %= …
… <<= …
… >>= …
… >>>= …
… &= …
… ^= …
… |= …
2 yield …
yield* …
1 なし ...
0 … , …
演算子の優先順位 | MDN