翻訳API | Google AJAX Language API

Google 翻訳のAPIについて解説します。

Google Translate API

Google Translate APIは現在、有料化されています。Pricing and Terms of Service - Google Translate API v2 - Google Code

実行例

サービスが有料化されるため、2011年12月1日以降は実行できません。

サンプルコード

<!-- Google AJAX API ローダーのライブラリをインクルードする -->
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi?key=xx"></script>

<script type="text/javascript">

  // 翻訳結果を受け取るコールバック関数
  function TranslationCallback( result )
  {
      if( !result.error )
      {
          var translation = document.getElementById( 'translation' );
          translation.value = result.translation;
      }
  }

  function OnLoad()
  {
      var text = '初めまして。';

      var srcLang = 'ja';  // 翻訳元言語の言語コード
      var destLang = 'en'; // 翻訳先言語の言語コード

      google.language.translate( text, srcLang, destLang, TranslationCallback );
  }

  // Language APIをロードする
  google.load( 'language', '1' );

  // ドキュメントがロードされた後に呼び出されるハンドラ関数を登録する
  google.setOnLoadCallback( OnLoad );

</script>

<input id="translation" type="text"/>

APIの使用条件

  • Google Translate API Terms of Use - Google Code

JavaScriptを使用しない方法 - JSON

次のようにアクセスすることで、JSON形式で結果を取得できます。

http://ajax.googleapis.com/ajax/services/language/translate?v=1.0&q=Hello,%20my%20friend!&langpair=en|ja

サービスが停止されるため、2011年12月1日以降は結果を取得できません。

使用方法

次のURLにパラメータを付加してアクセスします。

http://ajax.googleapis.com/ajax/services/language/translate
必須のパラメータ
パラメータ 説明
q 翻訳対象のテキスト
v バージョン番号 (現在では1.0のみ有効)
langpair

言語。翻訳元の言語と翻訳先のそれを、「 | 」で区切って言語コードで並べる。

「 | 」を省いて1つの言語のみを指定した場合は、元の言語は自動検出される。

Request format - Google Code
オプションのパラメータ
パラメータ 説明
key アプリケーションを一意に識別するキー。アプリケーションに異常が検出されたときに、Googleから通知を受けるのに使用される。
userip エンドユーザーのIPアドレス。これを含めることで、APIを乱用していると誤認される可能性を減少できる。

リクエスト拒否の回避

このAPIを利用したアプリケーションが多数のユーザーに利用された場合、サービスを不正に利用しているとみなされ、Googleからリクエストを拒否されることがあります。

"Suspected Terms of Service Abuse. Please see http://code.google.com/apis/errors"

この場合には、リクエストのパラメータ (userip) にエンドユーザーのIPアドレスを含めることで、この問題を回避できます。

参考

  • JSON Developer's Guide for Translate API v1 - Google Translate API v1 - Google Code