導入

ダウンロード

ZedGraph Files on SourceForge.net

ダウンロード後に展開したファイルに含まれる[ZedGraph.dll]がライブラリの本体です。また[ZedGraph.XML]がライブラリのドキュメント コメントになりますので、これをZedGraph.dllと同一のフォルダに配置することで、Visual Studioのエディタでライブラリの解説が表示されるようになります。

ライブラリのリファレンス

ダウンロードページの[zedgraph documentation]から入手できるクラスライブラリZedGraph Help.chmでは、詳細にクラスとそのメソッドについて解説されています。


ZedGraph Class Library Documentation

デモプログラム

ダウンロードページの[zedgraph interactive demo]から入手できるデモプログラム[ZedGraph.Demo.exe]を実行することで、どのようなグラフを扱えるのかを一覧できます。


ZedGraph Demos

またそのデモのソースコードが、展開後の/InteractiveDemo/ZedGraph.Demoフォルダにありますので、それを参照すればライブラリの使用方法もわかります。