和暦

元号 (era name)

元号 開始日 今年
明治 西暦 1868/10/23 明治 ?
大正 西暦 1912/07/30 大正 ?
昭和 西暦 1926/12/25 昭和 ?
平成 西暦 1989/01/08 平成 ?
令和 西暦 2019/05/01 令和 ?
(今年は、西暦 ?年)
西暦から元号への変換ツール
※ 計算可能な範囲は、お使いのブラウザに依存します。

旧暦 (太陰太陽暦 / 天保暦)

旧暦の求め方

旧暦2033年問題

日本の祝日

名称 目的
元日 1月1日 年のはじめを祝う。
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 (2月11日)※1 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 ※2 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 ※2 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 12月23日 天皇の誕生日を祝う。
国民の祝日について - 内閣府 国民の祝日に関する法律 第二条

※1 「建国記念の日となる日を定める政令」に基づく 建国記念の日となる日を定める政令

※2 国立天文台の発表に基づく 質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの? | 国立天文台(NAOJ)

振替休日 (通称)
「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。国民の祝日に関する法律 第三条2項
国民の休日 (通称)
その前日及び翌日が「国民の祝日」である日 (「国民の祝日」でない日に限る。) は、休日とする。国民の祝日に関する法律 第三条3項
(つまり祝日に挟まれた日は休日となり、3連休以上となる)

祭日

現行法では存在しません。

祭日

  1. 神社などで祭りを行う日
  2. 神道で、死者の霊を祭る日
  3. 皇室で祭典を行う日。大祭日と小祭日がある。(旧制では、四つの祝日と七つの祭日が定められていた。現在の「国民の祝日」に相当する)
  4. 「国民の祝日」の通称。「日曜―は休業いたします」
明鏡国語辞典 第一版
旧制の祭日
対応する祝日 名称 内容
元日 四方拝(しほうはい) 1月1日 天皇が神嘉殿に出御し、天地四方の神などを拝し、天下太平などを祈る儀式
  元始祭(げんしさい) 1月3日 天皇の位の元始を祝う祭儀
  新年宴会(しんねんえんかい) 1月5日 天皇が豊明殿に出御し、皇族などを召して宴を賜う儀式
建国記念の日 紀元節(きげんせつ) 2月11日 神武天皇の即位日
春分の日 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい) 3月21日ごろ 天皇が皇霊殿で、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る祭祀
  神武天皇祭(じんむてんのうさい) 4月3日 神武天皇の崩御日
昭和の日 天長節(てんちょうせつ) 4月29日 天皇の誕生日
秋分の日 秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい) 9月23日ごろ 天皇が皇霊殿で、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祀る祭祀
  神嘗祭(かんなめさい) 10月17日 天皇がその年の新穀を、伊勢神宮に奉納する祭儀
文化の日 明治節(めいじせつ) 11月3日 明治天皇の誕生日
勤労感謝の日 新嘗祭(にいなめさい) 11月23日 天皇が新穀を天神地祇にすすめ、これを食する祭儀
  先帝祭(せんていさい) 12月25日 先帝の崩御日
「広辞苑 第五版 CD-ROM版」©2000

うるう (閏 / leap)

うるう秒 (leap second)

暦注

  • 上段
    • 天象
    • 七曜
    • 干支
    • 朔望
    • 潮汐
    • 二十四節気
  • 中段
    • 十二直
  • 下段
    • 選日
    • 二十八宿
    • 九星
    • 六曜 (六輝)
    • 雑節

六曜

日を6種の吉凶日に分けたもので、旧暦を基に順に割り当てられています。

六曜 基準日 意味
先勝(せんしょう) 01月01日と07月01日 急用・訴訟などによく、午前は吉、午後は凶とされる日
友引(ともびき) 02月01日と08月01日 何をしても勝負がつかないとする日
先負(せんぶ) 03月01日と09月01日 急用・公事(くじ)・争い事には悪く、午前は凶、午後は吉とされる日
仏滅(ぶつめつ) 04月01日と10月01日 すべてに凶とされる大悪日
大安(たいあん) 05月01日と11月01日 万事によいとされる日
赤口(しゃっこう) 06月01日と12月01日 すべてに凶とされる日だが、正午だけは吉
明鏡国語辞典 第一版
複数の技術系サイトから、まとめて検索