XSLT (XSL Transformation)

XSLT (XML Stylesheet Language Transformations)

XMLによって記述された文書を、他のXML文書に変換するための簡易言語。XML文書の構造を別の形式に変形するための変換ルールを記述するもので、記述されたXSLT文書は「スタイルシート」と呼ばれる。もともとはXSLの一部として変換処理を行うために開発されたが、単独で使用することも可能である。おもに、XML文書からHTML文書やテキスト文書への変換などに使用される。なお、XSLTによる変換を実行するためのソフトを「XSLTプロセッサ」と呼び、XTやXalanなどさまざまなものが知られている。

XSLTとは【XML Stylesheet Language Transformations】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

XPath

変換例

次のXML文書を対象とするものとします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="style.xsl"?> <!-- スタイルを指定するXSLの指定 -->
<a>
    <b>
        <c>10</c>
        <c>15</c>
    </b>
    <b>
        <c>20</c>
    </b>
</a>

スタイルを設定するXSLを、次のように用意します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<xsl:stylesheet xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" version="1.0">
    <xsl:output method="html" encoding="utf-8" />

    <xsl:template match="/">
        <xsl:apply-templates />
    </xsl:template>

    <xsl:template match="a">
        <html>
            <body>
                <ul>
                    <xsl:apply-templates />
                </ul>
            </body>
        </html>
    </xsl:template>

    <xsl:template match="b">
        <xsl:apply-templates />
    </xsl:template>

    <xsl:template match="b">
        <li><xsl:value-of select="c" /></li>
    </xsl:template>

</xsl:stylesheet>

結果、スタイルの適用されたXML文書は、

<html><body><ul>
    <li>10</li>
    <li>20</li>
</ul></body></html>

のように出力されます。