導入

ダウンロード

次のページからMPLAB IDEをダウンロードします。

MPLAB Integrated Development Environment

ダウンロードしたファイルを展開します。なおこれらのファイルはコンポーネントの追加と削除を行うときにも必要となるため、削除せずに残しておきます。

インストール

バージョン6より前がインストールされているならば、事前にそれをアンインストールする必要があります。

ダウンロードしたファイルのsetup.exeを実行します。インストール前の注意事項が表示されます。

セットアップの種類を選択します。ここでは[Custom]を選択するものとします。

インストールするコンポーネントを選択します。関連するコンポーネントがチェックされていると、チェックボックスがグレー表示され、インストールから外せなくなっています。

インストールが開始されます。他のアプリケーションを実行しているとファイルの更新に失敗し、そのアプリケーションの終了を促すダイアログが表示されることがあります。

コンポーネントの追加と削除

スタートメニューの[Setup MPLAB Tools]から、MPLAB IDEのコンポーネントの追加と削除を行えます。[Modify]を選択し、[Next]ボタンをクリックします。

コンポーネントを選択します。

ウィンドウ構成

メニュー ウィンドウ
File File (Editor) Window
View Call Stack Window
CPU Registers Window (PIC32MX Devices Only)
Disassembly Listing Window
EEPROM Window
File Registers Window
Flash Data Window
Hardware Stack Window
LCD Pixel Window
Locals Window
Logic Analyzer Window
Memory Window (PIC32MX Devices Only)
Memory Usage Gauge
Output Window
Program Memory Window
Project Window
SFR/Peripherals Window (PIC32MX Devices Only)
Special Function Registers Window
Trace Memory Window
Watch Window
Tools RTOS Viewer Window
Configure Configuration Bits Window

フォント サイズの変更

Outputウィンドウでは、Ctrl + マウスホイールの回転でフォントのサイズを変更できます。他のウィンドウではこの方法は使用できず、ウィンドウのプロパティの[General]タブにあるFontsで設定します。

ウィンドウ レイアウトの保存と復元

ProjectやOutputなどのウィンドウは、任意の位置や大きさで配置できるようになっています。このウィンドウの全体のレイアウトをWindow Setとして保存し、状況に応じて簡単にレイアウトを復元できるようになっています。

メニューの【Window → Create Window Set】をクリックします。

Window Setに名前を付けます。

【Window → Window Sets】から、保存されているWindow Setを選択して復元します。

ツールバー

  • Standard
  • Project Manager
  • Debug
  • Device Debug Resource
  • Programmer
  • Checksum