attrib

ファイル属性を表示または変更できます。

ATTRIB [+R | -R] [+A | -A ] [+S | -S] [+H | -H] [+I | -I]
       [ドライブ:][パス][ファイル名] [/S [/D] [/L]]
オプション 機能
+ 属性を設定
- 属性を解除
[ドライブ:][パス][ファイル名] attrib で処理するファイルを指定
/S 現在のフォルダーとすべてのサブフォルダーの一致するファイルを処理
/D フォルダーも処理
/L Symbolic Link のターゲットに対する Symbolic Linkの属性で動作
オプション 機能
R 読み取り専用属性 (Read-only file attribute)
A アーカイブ属性 (Archive file attribute)
S システム ファイル属性 (System file attribute)
H 隠しファイル属性 (Hidden file attribute)
I インデックス対象ファイル属性 (Not content indexed file attribute)
X スクラブ ファイルなし属性 (No scrub file attribute)
V 整合性属性 (Integrity attribute)
attrib /?
  • 圧縮を意味するC属性は、compactコマンドで制御できます。
  • 暗号化を意味するE属性は、cipherコマンドで制御できます。

利用例

属性の表示

C:\>attrib
A  SHR       C:\sample1.txt
A    R       C:\sample2.txt

属性の設定

C:\>attrib +R sample.txt
C:\>attrib +S +H sample.txt