netsh

ネットワーク設定の確認、変更をできます。

構文

netsh
    [-a エイリアス ファイル名]
    [-c コンテキスト]
    [-r リモート コンピューター名]
    [-u [ドメイン名\]ユーザー名]
    [-p パスワード | *]
    [コマンド | -f スクリプト ファイル名]

コマンド

コマンド 機能
.. 一階層上のコンテキスト レベルに移動
online 現在のモードをオンライン モードに設定
offline 現在のモードをオフライン モードに設定
abort オフライン モードで行われた変更を破棄
commit オフライン モード中に行われた変更をコミット
alias エイリアスを追加
unalias エイリアスを削除
add エントリの一覧に構成エントリを追加
delete エントリの一覧から構成エントリを削除
exec スクリプト ファイルを実行
popd スタックからコンテキストをポップ
pushd スタックに現在のコンテキストをプッシュ
dump 構成スクリプトを表示
set 構成の設定を更新
show 情報を表示
bye このプログラムを終了
exit
quit
? コマンドの一覧を表示
help
サブコンテキスト
変更先のコンテキスト
advfirewall
branchcache
bridge
dhcpclient
dnsclient
firewall
http
interface
ipsec
lan
mbn
namespace
netio
p2p
ras
rpc
trace
wcn
wfp
winhttp
winsock
wlan
netsh ?

interface

interfaceは、"int"または"i"と省略して記述できます。

コマンド 機能
dump 構成スクリプトを表示
set 構成情報を設定
show 情報を表示
? コマンドの一覧を表示
help
サブコンテキスト
変更先のコンテキスト
6to4
httpstunnel
ipv4 (ip または i)
ipv6
isatap
portproxy
tcp
teredo
netsh i ?

dump

dumpで出力すると、現在と同様の設定をするためのスクリプトを確認できます。

C:\>netsh interface ipv4 dump


# ----------------------------------
# IPv4 構成
# ----------------------------------
pushd interface ipv4

reset
set global
set interface interface="Wi-Fi" forwarding=enabled advertise=enabled nud=enabled ignoredefaultroutes=disabled
set interface interface="イーサネット" forwarding=enabled advertise=enabled nud=enabled ignoredefaultroutes=disabled

popd
#  IPv4 構成の最後

set

setコマンドから使用できるのは、interfaceコマンドのみです。

set interface [name = ] IfName
    [ [admin = ] ENABLED|DISABLED
      [connect = ] CONNECTED|DISCONNECTED
      [newname = ] NewName ]
netsh interface set interface ?
コマンド  
IfName インターフェイス名
admin インターフェイスを有効にするかどうかを指定します
connect インターフェイスに接続するかどうかを指定します (LAN 以外の場合のみ)
newname インターフェイスの新しい名前 (LAN の場合のみ)

たとえば"Wi-Fi"という名前のインターフェイスを無効/有効にして再接続するには、次のようにします。networking - Enable/disable network connection from command line - Stack Overflow

netsh interface set interface name="Wi-Fi" admin=DISABLED
netsh interface set interface name="Wi-Fi" admin=ENABLED