広告の出稿

広告配信形態

広告の掲載を広告サービスに委ねる場合、実際に広告が表示される場所やタイミングは、そのサービスの種類によって異なります。

種類 表示する広告の
決定方法
サービス
リスティング広告
(listing advertisement)
検索キーワード
検索連動型広告
(keyword targeted advertisement)
コンテンツ連動型広告
(contents matching ads)
サイトの内容
行動ターゲティング広告
(behavior targeting ads)
閲覧履歴
  • Google AdWords
  • Yahoo! プロモーション広告
    (インタレストマッチ)
  • MicroAd

リスティング広告 (listing advertisement)

リスティング広告とは検索エンジンなどの検索結果のページに表示される広告で、検索連動型広告とも呼ばれます。

コンテンツ連動型広告 (contents matching ads)

コンテンツ連動型広告とは、ページの内容に合わせて表示する広告です。

行動ターゲティング広告 (behavior targeting ads)

行動ターゲティング広告とは、Webの閲覧履歴に基づいてユーザーごとに表示する広告です。

リマーケティング (Remarketing)

リマーケティングとは、自サイトに訪問したユーザーに対して、他サイトで再訪問を促す広告です。

ネイティブ広告 (native advertising)

ネイティブ広告 (native advertising) / ネイティブアド

ネイティブ広告とは、インターネット上の情報メディアに掲載される広告形態の一つで、表示形式や内容などがそのメディアに元から掲載されている記事などと同じで、一覧などに一体的に表示されるもの。

通常、広告のデザインや形式などは、掲載メディアが本来提供している情報やサービスなどとは異なっており、掲載位置もコンテンツ本体から切り離されて専用の表示枠が設けられることが多いが、ネイティブ広告では通常のコンテンツと同じ体裁の広告が、コンテンツ中に混ざって掲載される。

これまでも記事広告や見出し広告などは存在したが、ネイティブ広告はよりメディアに一体化し、他のコンテンツに溶け込んで区別しにくい形で掲載される。例えば、ニュースサイトなどで記事一覧に他の記事に混じって広告記事の見出しが掲載されたり、SNSなどで他の人の書き込んだ投稿などに混じって同じ形式で広告が掲載される。

広告主にとっては専用の掲載枠のように読み飛ばされたりしにくく、高い広告認知効果が期待でき、掲載メディアにとっても広告単価の上昇や専用の広告枠の削減 (コンテンツ表示領域の拡大) が期待できる。

閲覧者にとっても広告がコンテンツ中に溶け込んで表示されるため広告の押し付けがましさ鬱陶しさが軽減されると言われるが、コンテンツと広告を混同させ、消費者を騙す手法であるとして批判されることもある。

ネイティブ広告とは|ネイティブアド|native advertising - 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典

料金モデル

広告の種類によって、課金のタイミングや広告の掲載期間が異なります。

料金モデル 課金の条件
広告の表示 広告のクリック 目的達成
成果保証型広告
クリック保証型広告 ×
インプレッション保証型広告 × ×

成果保証型広告 (customer action advertisement)

広告が表示され、それがクリックされ、さらに商品が購入されるなどの目的が達成された場合に課金される。

成果保証型広告 (customer action advertisement)

インターネット広告の料金モデルの一つで、広告によって実際に成果が生じた場合にのみ、媒体運営者に報酬が支払われる方式。

例えばバナー広告をクリックして企業のWebサイトを訪れた人が商品購入をした場合や、会員登録をした場合などに、一定の金額が媒体側に支払われる。売り上げの一部が還元される場合が多く、一回当たりの報酬は高いが、報酬を得られる回数は少ない。

成果保証型広告はクリック保証型広告と同様に、バナー広告のデザインが悪い場合や、商品やサービス自体に魅力がない場合、あるいは広告主側のシステムやサイトのデザインに問題があって成果が出ない場合など、本来は広告主側が負担すべきリスクをすべて媒体側が背負わされることになるため、よほど単価が高くない限り、媒体側にとっては不利な広告手法である。

成果保証型広告とは 【 customer action advertisement 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

クリック保証型広告 (click guaranteed advertisement)

広告が表示され、それがクリックされると課金される。クリック課金 (CPC) CPC とは 意味/解説/説明 (シーピーシー) 【Cost Per Click】 | Web担当者Forum

クリック保証型広告 (click guaranteed advertisement)

インターネット広告の課金方式の一つ。広告となる文章や画像などに広告主が提供するWebサイトへのリンクを設定しておき、リンクが一定回数クリックされるまで広告掲載を行う方式。契約期間中にクリック回数が予定数に満たない場合は掲載期間を延長する。

広告の露出回数に応じて課金を行う「インプレッション保証型広告」に比べて、費用対効果がより明快なのが特長。個人サイトに配信を行う広告サービスはクリック保証型の料金体系を採用していることが多い。ただし、バナー広告のデザインが悪い場合や、そもそも広告内容の商品やサービスに魅力がない場合でも、媒体が一方的にリスクを負担しなくてはならないという問題点がある。

クリック保証型広告とは 〔 PPC広告 〕 【 click guaranteed advertisement 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

インプレッション保証型広告 (pay per impression advertisement)

広告が表示されると課金される。インプレッション課金 (CPM) CPM とは 意味/解説/説明 (シーピーエム) 【Cost per Mille】 | Web担当者Forum

インプレッション保証型広告 (pay per impression advertisement)

インターネット広告の課金方式の一つ。広告となる文章や画像などが一定回数表示されるまで広告掲載を行う方式。契約期間中に広告が表示された回数が一定数に満たない場合は掲載期間を延長する。

「ページビュー保証」「PV保証」とも呼ばれる。大手ポータルサイトのようにアクセスの多いサイトは、インプレッション保証で広告を販売している場合が多い。

インプレッション保証型広告とは 〔 ページビュー保証型広告 〕 〔 PV保証型広告 〕 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

サービス

Google AdWords

Google AdWordsの解説

Yahoo! プロモーション広告

A8.net

バリューコマース

MicroAd BLADE

マイクロアド

広告サーバの改ざんによる、マルウェアへの感染

2010年
2014年

アイモバイル

アイモバイル (i-mobile)

報酬

  • クリック報酬
  • 定額報酬
  • 売上報酬

Kauli

Kauli (カウリ) (2016/06/30終了)

その他

用語

広告の配信方法

アドネットワーク (ad network)

アドネットワーク (ad network) / ネットワーク配信 (network delivery) / ネットワーク広告 / 広告ネットワーク

広告プログラムの配信方式の一種で、複数のWebサイトを束ねて同じ広告を同時に配信する方式

小規模なWebサイトでも参加可能な広告プログラムでよく利用される配信方式で、個々にはページ数やアクセス数の少ない小規模サイトをたくさん集めることで、全体としてある程度の規模を確保し、一つの広告媒体として広告主に販売する。

個別に広告主を確保することの難しい小さなサイトでも、ネットワークに参加することで広告収入を得ることができる。大手サイトよりも価格が低く設定されることが一般的で、小口での利用も可能なため、料金や出稿量などの関係で大手サイトに出稿することが難しい広告主も、気軽に出稿できるメリットがある。

ただし、小規模サイトは個人運営の場合も多く、質が一定しないため、広告主にとってあまり好ましくないコンテンツに広告が掲載されるリスクもある。

アドネットワークとは 〔 ネットワーク配信 〕 〔 広告ネットワーク 〕 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
純広告 (pure advertisement)

広告主が指定の広告枠を買い取り、掲載する広告。代理店を通して複数の広告枠に配信する、アドネットワークに対するもの。純広告とは|pure advertisement - 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典

アドエクスチェンジ (Ad Exchange)

アドエクスチェンジ (Ad Exchange) / 広告枠取引 / アドマーケットプレース (Ad Marketplace)

アドエクスチェンジとは、オンライン広告のうち、特定の広告枠におけるインプレッションを入札方式によって売買する方式のことである。

同じく競争入札方式が採用されている従来のアドネットワークなどとの顕著な違いとしては、アドネットワークが配信ネットワーク全体への入札であるのに対し、アドエクスチェンジでは各広告枠を対象とした入札である、という点などを挙げることができる。また、特定の広告枠を対象とするが、いわゆる純広とは異なり、中間業者を介して複数の購入者 (広告主) が入札するという方式が採用されている。

アドエクスチェンジのうち、広告枠のインプレッションが発生するたびに、そのオーディエンスデータや媒体情報をもとに競争入札を開始、最も高い金額をつけた購入者の広告を表示するといった方式が「リアルタイム入札 (RTB)」と呼ばれている。

アドエクスチェンジとは 「広告枠取引, アドマーケットプレース」 (Ad Exchange): - IT用語辞典バイナリ

RTB (Real-Time Bidding) / リアルタイム入札

RTB (Real-Time Bidding)

ネット広告の取引手法の一つで、広告が表示される瞬間に複数の広告代理店や広告主で入札を行い、最も条件の良い広告を掲載する方式。

…中略…

掲載枠が表示されるたびにこのような落札を実施し、その都度、落札者と価格が決定されてゆく。広告主と掲載メディアの双方にとって、常に広告市場の実勢に応じた価格・条件での取引が可能となる。

RTBとは 〔 リアルタイムビッディング 〕 【 Real-Time Bidding 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
DSP (Demand-Side Platform)
広告効果の最大化のため、広告の出稿側 (広告主) を支援するツール。出稿側の条件に基づき、複数のメディアやアドネットワークなどに一括して広告を出稿できる。DSPとは|デマンドサイドプラットフォーム|Demand-Side Platform - 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典
国内DSP一覧 | WEB広告ナビ 海外DSP一覧 | WEB広告ナビ
SSP (Supply-Side Platform)
広告収益の最大化のため、広告の掲載支援するサービス。広告の表示時に複数の広告から同時に入札を行い、最も収益の高い広告を選択して掲載する。SSPとは|Supply Side Platform|Sell Side Platform - 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典
国内SSP一覧 | WEB広告ナビ 海外SSP一覧 | WEB広告ナビ