Webアプリケーションのプログラミング解説

目次

CGI (Common Gateway Interface)

Webサーバが、Webブラウザなどからの要求に応じて、プログラムを起動するための仕組み

プログラムファイルの置かれているURLにクライアント (ブラウザなど) がアクセスすると、サーバ内部でそのプログラムが起動され、実行結果がクライアントに送信される。アクセス時にクライアント側からデータを送信することもでき、起動されたプログラムがデータを受け取って処理内容に反映させたり、サーバ内部に保存したりすることができる。

現在では多くのWebサーバが標準でCGIに対応しているため、サーバの種類を問わず同じプログラムを利用することができる。また、CGIは特定のプログラミング言語に依存しないため、様々な言語でプログラムを開発することができる。

CGIとは 【 Common Gateway Interface 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典