キャッシュ (インターネット一時ファイル)

キャッシュの確認

ブラウザ 方法
Internet Explorer 7以降

%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Low\Content.IE5エクスプローラで開く。

または、インターネット オプションの[全般]タブにある[履歴の閲覧]の[設定]を開く。そして[ファイルの表示]をクリックし、開かれたページのアドレスバーに\Low\Content.IE5を追加して開く。

※ 何もファイルが表示されない場合は、[フォルダー オプション]で[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない]のチェックが外されているか確認する

Google Chrome アドレスバーにchrome://cacheと入力して表示。

キャッシュの削除

閲覧履歴を削除するダイアログから、キャッシュ (インターネット一時ファイル) を指定して削除します。IE、FirefoxそしてChromeでは、Ctrl + Shift + Delで削除のダイアログが開きます。IE、Firefox、Chrome、Opera、Safari のキャッシュ削除のショートカット :logical error

Internet Explorer 9 Mozilla Firefox Google Chrome

キャッシュを無視した再読み込み

特定のページを更新するだけならば、キャッシュを削除する必要はありません。それにはIE、FirefoxそしてChromeとも共通で、Ctrl + F5でキャッシュを無視して再読み込みさせられます。このキャッシュを無視した再読み込みとは、つまりサーバから強制的に読み込ませることを意味し、スーパーリロード (super reload) と呼ばれることもあります。

ショートカットキー
ブラウザ キャッシュを無視した
再読み込み
削除ダイアログの表示
Internet Explorer Ctrl + F5 Ctrl + Shift + Del
Mozilla Firefox
Google Chrome
Safari Ctrl + R Ctrl + Alt + E
Opera Ctrl + F5 ?

通信経路のプロキシサーバがキャッシュを返す場合もあり、この方法で再読み込みしても、最新の情報が返される保証はありません。

ページの更新

以下はキャッシュを考慮した、通常の更新方法の解説です。

bfcache(Back-Forward Cache)

ブラウザによってはページ全体の状態をメモリにキャッシュする機能があり、それはbfcacheと呼ばれます。Using Firefox 1.5 caching | MDN

次のテキストボックスに何か入力して、

他のページへ移動してください。キャッシュが有効ならば、このページに戻ったときに入力内容がそのまま表示されます。