<input type="file">

サーバへ送信するファイルを選択させられます。そしてサーバ側では、それがたとえばPHPならば、定義済み変数の$_FILESでそのファイルの情報を取得できます。

accept属性

対象とするファイルの種類を限定できます。

コード 実行例
audio/*
<input type="file" accept="audio/*" />
video/*
<input type="file" accept="video/*" />
image/*
<input type="file" accept="image/*" />

size属性

ブラウザによって表示される大きさが異なります。またcssのwidth属性で指定した場合にも、この違いがあります。

コード 実行例
type="file" size="15"
#
type="file" style="width:15em"
#
type="file" size="15" style="width:15em"
#
type="text" size="15"
(参考)
type="text" style="width: 15em"
(参考)
<div style="width: 15em">
(参考)
 

input要素のすぐ後に「#」を表示しています。要素とその間に空白が表示される場合は、そこまでinput要素が領域を占有していることを表しています。