オプション設定

通知領域のアイコンを右クリックし[設定]を開くことで、実行時の挙動を変更できます。

設定項目

実行に使用するキー

最前面の設定/解除の実行に使用するキーを変更できます。[指定したキー]の入力欄をクリックし、任意の組み合わせのキーを入力してください。ただし対応できないキーもあり、そのときは既定のPauseキーに設定が戻ります。

※現在設定しているキーを含むキーに変更しようとすると、最前面の設定が作動してしまい、キーの変更ができません。その場合にはいったん他のキーに変更した上で、あらためて設定し直してください。

操作対象とするウィンドウ

Pauseキーを押したときに、操作の対象とするウィンドウを変更できます。

  • アクティブなウィンドウ … フォーカスがあるウィンドウ
  • マウスポインタ下のウィンドウ … マウスポインタがある位置のウィンドウ

メッセージの表示方法

最前面の設定/解除とエラーを通知するメッセージの表示方法を変更できます。

  最前面に設定したとき 最前面を解除したとき
トースト (バルーンチップ)
ダイアログボックス
なし ※1 表示なし 表示なし

※1 エラーを通知するメッセージは、トースト (バルーンチップ) で表示されます。

実行後に終了する

1つのウィンドウの最前面を変更した後、このソフトウェアを自動的に終了させられます。最前面の設定は、終了後も維持されます。