ジェネリック (Generic)

ジェネリックとはアルゴリズムの再利用を可能とする機能で、C++のテンプレートに代わるものです。C++ テンプレートと C# ジェネリックの違い | MSDN

ジェネリックは、おもにコレクションで利用されています。

ジェネリックの利点

  • 型の安全性 (タイプセーフティ)
  • コードの記述の簡易化
  • パフォーマンスの向上
  • ソースコードの保護

ジェネリック クラス

class MyClass <T>
{
}
ジェネリック クラス - C# プログラミング ガイド | Microsoft Docs

ジェネリック メソッド

void Method<T>(T val)
{
}
ジェネリック メソッド - C# プログラミング ガイド | Microsoft Docs

ジェネリック修飾子 (Generic Modifier)

共変性と反変性 (C#) | Microsoft Docs

in

型パラメータが反変 (contravariance) であることを示し、指定の型よりも弱い派生型を使用できるようになります。in (ジェネリック修飾子) - C# リファレンス | Microsoft Docs

interface Sample<in A> {}

out

型パラメータが共変 (covariance) であることを示し、指定の型よりも強い派生型を使用できるようになります。out キーワード (ジェネリック修飾子) - C# リファレンス | Microsoft Docs

interface Sample<out A> {}

型の制約

where

型パラメータに指定できる型を、制約できます。たとえば次のようにクラスが定義されていると、

class A { }
class B : A { }
class X { }

class MyClass1<T> { }             // 制約なし
class MyClass2<T> where T : A { } // Aを継承するクラスを指定するように要求

これを用いる側は指定されたクラスを継承するか、そのインターフェイスを実装する型を指定する必要があります。

new MyClass1<A>();
new MyClass1<B>();
new MyClass1<X>();

new MyClass2<A>();
new MyClass2<B>();
new MyClass2<X>(); // error CS0311: 型 'X' はジェネリック型またはメソッド 'MyClass2<T>' 内で型パラメーター 'T' として使用できません。'X' から 'A' への暗黙的な参照変換がありません。

制約する型として"class"や"struct"を指定できます。また制約が複数ある場合には、それらを続けて記述します。

class MyClass<T, U>
    where T : class
    where U : struct { }

参考

参考書

MSDN (Microsoft Developer Network) から検索