アノテーション (annotation)

アノテーションとは、ソースコードのアノテーション (注釈) を標準化したものです。この機能はJavaの内部的には、アノテーション (注釈型) として実装されています。

アノテーションの定義

アノテーション型 (annotation type) は、インターフェイスの特殊な種類であり、interfaceキーワードの前に@文字を付けて指定します。

@interface AnnotationName {
    String a();
    int b();
}

定義済みのアノテーション

アノテーション型 説明
@Target アノテーションを適用できるプログラム要素を示す
@Retention リテンションポリシーを示す
@Deprecated 非推奨であることを示す
@Documented ドキュメンテーションコメントを処理させるべきであることを示す
@Inherited 継承されることを示す
@Override オーバーライドしていることを示す
@SupressWarnings コンパイラに警告を無視するように指示する
@AnnotationName( a = "abc", b = 123 )
public class Foo {
}

@Override

オーバーライドしているメソッドに記述します。

class Foo {
    void A(){}
}

class Bar extends Foo {
    @Override
    void A() {} // OK

    @Override
    void B() {} // NG : The method B() of type Bar must override or implement a supertype method
}
Override (Java Platform SE 7 )

スーパータイプに存在していないメソッドに対して指定すると、エラーとなります。

参考

参考書

Javaのドキュメントから検索