アプリケーション ウィザードによって作成されたコード

Windowsアプリケーションの構造を理解するために、Visual Studio 2008のアプリケーション ウィザードによって作成されたコードを基に解説します。

プロジェクトの作成

メニューの【ファイル → 新規作成 → プロジェクト】をクリックします。

テンプレートで、「Win32 コンソール アプリケーション」を選択します。プロジェクト名を入力し (ここでは「myProject」とします)、[OK]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

アプリケーションの種類で「Windows アプリケーション」を選択し、[完了]をクリックします。

プロジェクトのファイル

ソリューション エクスプローラで、作成されたファイルを確認できます。

この中のファイルReadMe.txtで、これらのファイルについて下記のように解説されています。

種類 ファイル 説明
  myProject.h メインのアプリケーション ファイル
myProject.cpp
リソース ファイル Resource.h 新しいリソースIDを定義する標準のヘッダー ファイル
myProject.rc プログラムが使用するMicrosoft Windowsリソースの一覧
myProject.ico アプリケーションのアイコン (32×32) として使用されるファイル
small.ico アプリケーションの小さいアイコン (16×16) として使用されるファイル
標準ファイル StdAfx.h プリコンパイル済みヘッダーファイル (PCH) とプリコンパイル済み型ファイルをビルドするために使用されるファイル
StdAfx.cpp

実行

作成されたプロジェクトを、ビルドして実行してみます。

メニューだけ備えた空のウィンドウが表示されます。

[ヘルプ]をクリックすると、バージョン情報のダイアログが開きます。

コードの解説

作成されたファイルについて、個別に解説します。

MSDN (Microsoft Developer Network) から検索