PHPのデバッガ

XDebug

XDebugを導入することで、エラーやvar_dumpの出力結果が整形されて見やすくなります。

$a = array( 'one', '02'=>2, true, 0.1 );
var_dump( $a );
適用前
array(4) {
  [0]=>
  string(3) "one"
  ["02"]=>
  int(2)
  [1]=>
  bool(true)
  [2]=>
  float(0.1)
}
適用後
array
  0 => string 'one' (length=3)
  '02' => int 2
  1 => boolean true
  2 => float 0.1
エラー画面
適用前
適用後

出力結果を整形して表示するには、php.inihtml_errorsディレクティブをOnとする必要があります。

Eclipseのデバッガーとして使用することで、ステップ実行などができるようになります。

Zend Debugger