パーティション

Windows

Windows 7以降では、ファームウェアによって下表のパーティション構成があります。

ファームウェア パーティションの管理方式
BIOS (Basic Input/Output System) MBR
EFI (Extensible Firmware Interface) Class 1 GPT
UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) Class 2 GPT、MBR、CSM (Compatibility Support Module)
UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) Class 3 GPT
Partition Structures - Understanding Disk Partitions | Microsoft Docs

BIOSベースのコンピュータでは、次のように配置されます。

BIOS/MBR
System Windows

一方でUEFIベースでは、次のようになります。

UEFI/GPT
System ESP MSR Windows

システム パーティション (System Partitions)

この領域には以下の情報が格納されます。

System Partitions - Understanding Disk Partitions | Microsoft Docs

このパーティションには100MB以上の領域を確保する必要があり、Windows回復環境を含むときにはその領域も合わせて必要となります。System Partition Requirements - Understanding Disk Partitions | Microsoft Docs

EFI システム パーティション (EFI System Partition : ESP)

ブート可能なドライブに必ず含まれ、コンピュータはこの領域から起動します。この領域のサイズは、ドライブのセクターサイズによって異なります。UEFI-Based Computers - Understanding Disk Partitions | Microsoft Docs

  • セクターサイズが512byte … 100MB
  • セクターサイズが4KB … 260MB以上

Microsoft 予約パーティション (Microsoft Reserved Partition : MSR)

この領域は、パーティションの管理に利用されます。What is a Microsoft Reserved Partition (MSR)? - Windows and GPT FAQ - Windows 10 hardware dev | Microsoft Docs

必要なサイズはドライブの容量によって異なり、

  • 16GB未満 … 32MB
  • 16GB以上 … 128MB

となります。How big is the MSR? - Windows and GPT FAQ - Windows 10 hardware dev | Microsoft Docs

このパーティションには既定で隠し属性が付けられるため、ディスクの管理では表示されません。

Windows パーティション (Windows Partition)

Windowsのシステムとユーザーのデータが格納されます。これには15GB以上必要です。Windows Partition Requirements - Understanding Disk Partitions | Microsoft Docs

回復パーティション (Recovery partition)

システムを工場出荷時の状態に戻すための、回復イメージ (Recovery image) が格納されます。

現在のシステム内の回復イメージの場所は、

reagentc /info

で表示される構成情報の、[回復イメージの場所 (Recovery image location)]で確認できます。REAgentC command-line options | Microsoft Docs

コンピュータの情報サイトから、まとめて検索