ネットワーク

ネットワークの管理

設定チャームの[PC設定の変更]をタップします。そして[ネットワーク]をタップし、続けて[既知のネットワークの管理]をタップします。

そうすると登録されているネットワークの場所が一覧表示されます。不要なネットワークは、ここで削除できます。

ネットワークの場所 (Network Locations)

Windows 10

Windows 8

ネットワークの場所には、

  • 共有が有効 … プライベートネットワーク
  • 共有が無効 … パブリックネットワーク

の2つがあり、これらはネットワークの共有の有効/無効が異なります。なおWindows 7では、ホームネットワーク、社内ネットワークという区分もありましたが、これらはWindows 8からは「プライベートネットワーク」に統合されています。

共有の有効/無効の切り替え方法は、Windows 8と8.1で異なります。8.1では、チャームの[設定]から[PC設定の変更]を開き、[ネットワーク]の[接続]で対象とするネットワーク名をクリックします。そして[デバイスとコンテンツの検索]のオン/オフで、共有の設定が切り替わります。

[デバイスとコンテンツの検索]は、管理者としてサインインしていないと表示されません。

Windows 7

新しいネットワークに接続した場合、そのネットワークの場所を問われることがあります。

この場所の違いは、ホームグループとネットワーク探索をそれぞれ有効にするか否かにあります。それをまとめると下表のようになります。

ネットワークの場所 ホームグループ ネットワーク探索
ホーム ネットワーク
社内ネットワーク ×
パブリック ネットワーク × ×
ネットワークの場所の整理

新しい接続先を登録するごとに、それらは「ネットワークの場所」に追加されていきます。これを整理するには、[ネットワークと共有センター]で対象とする接続先のアイコンをクリックします。

そして表示される[ネットワーク プロパティの設定]で、[ネットワークの場所の結合または削除]をクリックします。そうすると登録されているネットワークの場所の一覧が表示されます。

不要なネットワークは[削除]、同一のネットワークが複数登録されてしまっている場合には、それらを選択して[結合]をクリックすることでまとめられます。

ネットワーク接続の名前の変更

[ネットワーク接続]ウィンドウで対象の接続のコンテキストメニューを表示し、[名前の変更]から接続の名前を変更できます。このとき「この接続の名前を変更することはできません。指定した名前の接続が既に存在します。別の名前を指定してください。」として変更に失敗するときには、その名前が他で使用されていないか確認します。

既に存在するとされているのにそれが見当たらない場合には、過去に使用していた情報が見えないところに残っているためです。その情報はレジストリエディタで[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Network\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}]を開き、データがその文字列となっている値を検索することで見つけられます。Windows7 接続名 "ワイヤレス ネットワーク接続 2" の名称を変えられない。 - マイクロソフト コミュニティ

ネットワーク接続の無効化

コントロールパネルの[ネットワーク接続]をクリックするか[ncpa.cpl]を実行し、[ネットワーク接続]ウィンドウを表示します。そして対象の接続を右クリックし[無効にする]を選択します。

このとき対象の接続のプロパティで、[接続時に通知領域にインジケータを表示する]をチェックしておくと、予期せず接続された場合にも、すぐにそれと気づくことができます。

インターネット接続の共有 (ICS:Internet Connection Sharing)

ICSを利用すれば、インターネットに接続されている1台のコンピュータを経由して、複数のコンピュータをそれに接続できます。

コントロールパネルで「ネットワーク接続の表示」を検索し、それを開きます。そして共有する接続のプロパティを開き[共有]タブで、[ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する]にチェックを入れます。

[ネットワークのほかのユーザーに、共有インターネット接続の制御や無効化を許可する]は、?

IPアドレスの指定

ほかのコンピュータと直接接続するネットワーク デバイスの、IPアドレスを固定します。

前述の[ネットワーク接続]の画面で、該当するデバイスのプロパティを表示します。そして[ネットワーク]タブで、[インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]のプロパティを表示します。続けて[次のIPアドレスを使う]をクリックし、IPアドレスの項目でアドレスを指定します。

従量制課金接続 (Metered Internet connections)

これを有効にすると以下の制限が適用され、不要な通信を削減できます。

  • Windows Updateで、優先度の低い更新プログラムがダウンロードされない
  • Windows ストアのアプリがダウンロードされない
  • スタート画面のタイルが更新されない
  • オフライン ファイルが自動的に同期されない
ネットワーク接続を従量制に設定すると、使用する PC にどのように影響しますか。 - 従量制課金接続: よく寄せられる質問 - Microsoft Windows ヘルプ

設定を変更できない場合の対処法

設定ボタンがグレーアウトして、設定を変更できないことがあります。

この場合でも管理者のアカウントでは変更できますが、その設定は標準ユーザーには反映されません。

これにはレジストリを編集して対処します。[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\DefaultMediaCost]Cannot set cellular data to metered connection! Option is - Microsoft Community

データ使用状況 (Data usage)

Windows 10では、【設定 → ネットワークとインターネット → データ使用状況】からネットワークごとの通信量を確認できます。さらに[使用状況の詳細 (Usage details)]を開くと、アプリ別通信量 (App usage) を確認できます。Windows 10でネットワークのデータ使用量を確認する方法 - 121ware.com

通信量のリセット

サービス コンソールで[Diagnostic Policy Service]を停止したうえで%SystemRoot%\System32\sruにあるファイルを削除することで、任意のタイミングで通信量をゼロにリセットできます。

リセット後、使用量が0バイトから増加しない場合

ファイルを削除するときにsruフォルダのアクセス許可を変更してしまうと、それ以降データ使用状況が記録されなくなります。この問題はイベントのソース[ESENT]で、「svchost (1404) SRUJet: そのデータベースをログ用のドライブに書き込めないため、新しいログ ファイルを作成できません。ドライブが読み取り専用になっているか、ディスク領域が不足しているか、誤った構成がされているか、または壊れている可能性があります。エラー -1032 が発生しました。」として確認できます。

これはアクセス許可を修正することで解決できます。必要なアクセス許可エントリは、

  • Administrators
  • SYSTEM
  • DPS

の3つであり、すべてを[フル コントロール]とします。このうちDPS (Diagnostic Policy Service) は、[プリンシパルの選択]でオブジェクト名を「NT SERVICE\DPS」として[名前の確認]をクリックすることで指定できます。SettingSyncHost (5320) Unable to create a new logfile because - Microsoft Community

Bluetooth PAN

Bluetoothを有効にした状態で、コントロールパネルの[ネットワーク接続]にある[Bluetooth ネットワーク接続]から設定できます。

また接続先のインターネット接続を利用するには、デバイス側で[Bluetoothテザリング]を有効にします。

高速回線への対応 (Windows 98)

MTU (Maximum Transmission Unit)

MTUとは送信側が設定する、1回に送信できる最大バイト数です。

  • 不安定な通信環境ではMTUが小さい方が、エラー時に再送信するデータ量が小さくなるため効率が良い
  • 安定した通信環境ではMTUが大きい方が、制御信号が少なくなるため効率が良い

たとえば、

  • Ethernet … 1500程度
  • ダイヤルアップ … 576程度

が最適とされています。MTUとは 【 Maximum Transmission Unit 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

RWIN (Receive Window)

RWINとは、受信側が何バイト受信したら、送信側に受信確認を送るかを示す値です。

  • RWINが小さすぎる場合、受信確認を頻繁に送ることになるため、通信速度が遅くなる
  • RWINが大きすぎる場合、エラー時の再送信にかかる時間が長くなるため、通信速度が遅くなる
RWINとは 【 Receive Window 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

トラブル対処法

Windows 10でWi-Fiがたびたび切断されるときには、デバイスマネージャで[非表示のデバイスの表示]をし、[ネットワーク アダプター]にある[Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter]を無効にしてみます。Creators Update - Windows 10ミニTips(240) バージョン1709に更新したら無線LANが不安定に!? | マイナビニュース 阿久津良和 (2017/12/12)

複数の技術系サイトから、まとめて検索