Webサイトの高速化

高速サイトを実現する14のルール

  1. HTTPリクエストを減らす
  2. CDN (Contents Delivery Network) を使う
  3. Expiresヘッダを設定する
  4. コンポーネントをgzipする
  5. スタイルシートは先頭に置く
  6. スクリプトは最後に置く
  7. CSS expressionの使用を控える
  8. JavaScriptCSSは外部ファイル化する
  9. DNSルックアップを減らす
  10. JavaScriptを縮小化する
  11. リダイレクトを避ける
  12. スクリプトを重複させない
  13. ETagの設定を変更する
  14. Ajaxをキャッシュ可能にする
O'Reilly Japan - ハイパフォーマンスWebサイト

パフォーマンスの測定

以下のページでは、調査対象のWebサイトのURLを入力することで、そのサイトのパフォーマンスを確認できます。

Google ウェブマスター ツールには、サイトのパフォーマンスを評価する機能があります。ウェブマスター ツールのサイト パフォーマンスは廃止されたため、今後はGoogle Analyticsのサイトの速度がその代替となります。

プロファイラ (Profiler)

最近のブラウザは、パフォーマンス測定のためのプロファイラを最初から備えています。ファイルの読み込み時間など簡単な確認ならば、これで行えます。

Firefoxを使用しているならば、Firebugアドオンのプロファイラでも調べられます。

負荷テスト (Stress testing)

Apache JMeter

Apache JMeter - Downloads

JMeterを起動するには、ダウンロードしたファイルのbin/jmeter.bat (Windowsの場合) を実行します。

高速化のためのフレームワーク

Accelerated Mobile Pages (AMP)

複数の技術系サイトから、まとめて検索