Google Search Console (Google ウェブマスター ツール)


Google Search Console (Google ウェブマスター ツール)

Google ウェブマスター ツールは、2015/05よりGoogle Search Consoleに改称されています。Google ウェブマスター向け公式ブログ: "Google Search Console" - ウェブマスター ツールが新しくなりました (2015/05/20)

ウェブマスター ツールへのサイトの登録

Google ウェブマスター ツールでサイトを管理するには、まず所有するサイトをGoogleに登録します。サイトの所有権を確認する - Search Console ヘルプ

ドメインにwwwを含むバージョンと、そうではないバージョンの2つを所有しているとき、いずれかのドメインの所有権を確認できないとのエラーが表示されたならば、それらを2つとも登録します。なおそのときの所有権の確認コードは他方と同一のため、あらためて登録する必要はありません。使用するドメインの設定(www の有無) - Search Console ヘルプ

メール通知

問題の発生をより早く知るためには、歯車アイコンをクリックし[ウェブマスター ツールの設定]で[メール通知]を有効にします。

サイトの改善

リッチスニペット (Rich snippets)

リッチスニペットにより、Web検索の検索結果の表示をカスタマイズできます。

リンクの否認 (Disavow backlinks)

リンクの否認 - ウェブマスター ツールからサイトへの悪質なリンクをGoogleへ通知することで、サイトの評価を高めることができます。リンクを否認する - ウェブマスター ツール ヘルプ

検索結果の著者情報

2014/08/28に廃止されています。Google、検索結果の著者情報表示を終了「期待したほど便利ではなかった」 - ITmedia NEWS 佐藤由紀子 (2014/08/29)

  1. Google+のアカウントを作成し、プロフィール写真をアップロードする。
  2. そのGoogle+のページへリンクを張る。
    <a href="https://plus.google.com/Google+ID?rel=author">著作者名</a>

検索結果の日時表示

Googleインデックス (Google Index)

サイトがGoogleに登録されている状況を確認できます。

インデックス ステータス (Index Status)

レポート項目 内容
インデックスに登録されたページの総数
  • 検索結果に表示されるURL
  • Googleにより検出される可能性があるURL
の総数。ただし、
  • 重複したページ
  • rel="canonical"が指定されたページ
  • "noindex"が指定されたページ
は含まれない
ロボットによりブロック済み robots.txtによりブロックされ、インデックスできなかったURLの数
削除済み URL削除ツールにより削除されたURLの数
インデックス ステータス - Search Console ヘルプ

クロール (Crawl)

クロールエラー (Crawl Errors)

Googleによるクロール時に発生したエラーを確認できます。クロールエラー レポート(ウェブサイト) - Search Console ヘルプ

サイトエラー (Site Errors)

サイトエラーの概要 - クロールエラー レポート(ウェブサイト) - Search Console ヘルプ

URLエラー (URL Errors)

URL エラーの概要 - クロールエラー レポート(ウェブサイト) - Search Console ヘルプ

Fetch as Google

Googleによるクロールとレンダリングをシミュレートし、クロールの問題を検証できます。ウェブサイト用 Fetch as Google を使用する - Search Console ヘルプ

クロールに問題ないことを確認できた場合には、そのページがGoogleにインデックスされるように1日10件までリクエストできます。リクエストの送信後に表示が変化しない場合にはページを再読み込みすることで、[URL とリンクページのインデックス登録をリクエスト済み]のように、ステータスが変化することを確認できます。URL の再クロールを Google にリクエストする - Search Console ヘルプ

URL パラメータ (URL Parameters)

サイトの移転 (Site Move)

サイトを新しいドメインへ移転した場合には、それを通知することでGoogleのインデックスを更新させることができます。

ただしこのツールで対処可能なのはドメインの変更のみで、次の場合には対応しません。

  • サブドメインの変更 (http://example.com → http://foo.example.com)
  • プロトコルの変更 (http://example.com → https://example.com)
  • パスのみの変更 (http://example.com/foo → http://example.com/bar)

エラーへの対処

「見つかりません」エラー (404)

「http://example.com/: Increase in not found errors」

Google detected a significant increase in the number of URLs that return a 404 (Page Not Found) error. Investigating these errors and fixing them where appropriate ensures that Google can successfully crawl your site's pages.

複数の技術系サイトから、まとめて検索