コーディング時のウィンドウ

表示形式の変更

ウィンドウの配置は、そのウィンドウのタイトルバーの「▼」アイコンをクリックするか、そのウィンドウがアクティブな状態でメニューの【ウィンドウ】から選択することで変更できます。

  • フローティング
  • ドッキング
  • タブ付きドキュメントとしてドッキング
  • 自動的に隠す
  • 非表示

[自動的に隠す]を解除するには、[ドッキング]を選択します。

ドキュメント ウィンドウ

ウィンドウの分割

同一ファイル内の離れたコードを比較、編集するのに便利です。メニューの【ウィンドウ → 分割】で、アクティブなタブのウィンドウが分割されます。または垂直スクロールバー上部にある、下図の部分をドラッグすることでも分割できます。

縦方向の表示領域が狭められることが不都合ならば、ウィンドウを複製します。

ウィンドウの複製

メニューの【ウィンドウ → 新規ウィンドウ】で、アクティブなタブのウィンドウを複製できます。これにより同一ファイルを複数のウィンドウで確認できます。

ソリューションの管理

ソリューション エクスプローラ (Solution Explorer)

ソリューションに含まれるファイルの管理を行えます。

フォームファイルのダブルクリック時に、コード エディタで開く方法

コードのファイルはダブルクリックしたときはコード エディタで開きますが、フォームなどのControlを継承したクラスのファイルはビュー デザイナで開きます。この動作はファイルのコンテキストメニューの[ファイルを開くアプリケーションの選択]から変更できます。

ここで[…フォーム エディタ]以外の、たとえば[CSharp エディタ]を選択し[既定値として選択]をクリックすることで、以降はコード エディタで表示されるようになります。

編集中のファイルとソリューション エクスプローラの選択を同期させる

オプションの【プロジェクトおよびソリューション → 全般】にある[アクティブな項目をソリューション エクスプローラーで選択された状態にする]をチェックすると、編集中のファイルがソリューション エクスプローラで選択された状態になります。今日のワンポイント : 現在エディタで開いているファイルをソリューション エクスプローラで常に表示 (または非表示) にする方法 – #161 – Visual Studio 2008 ワンポイント (2008/12/02)

タスク一覧 (Task List)

プログラミング タスクを管理できます。

タスク一覧に表示させるには、次の形式でコード内に記述します。方法 : タスク一覧のコメントを作成する | MSDN

<marker><token>

たとえばC++やC#では<marker>//<token>TODOなどのため、次のようにします。

// TODO Fix this function.

C#の場合、コメントとしてコード内に入力されたタスクは、そのファイルを開いている場合のみ一覧に表示されます。

オプション

タスクと認識させるための<token>は、既定で次のものが定義されています。

  • HACK
  • TODO
  • UNDONE
  • UnresolvedMergeConflict

これらはオプションから編集、追加できます。


【ツール → オプション → 環境 → タスク一覧】

プロパティ (Properties)

コードの管理

オブジェクト ブラウザ (Object Browser)

ソリューションの各プロジェクトで定義または参照されているオブジェクトを確認できます。表示は3つのペインに分かれており、左側にはオブジェクトがツリー構造で表示されます。そしてそこでオブジェクトを選択すると、右側の上部にそのメンバ、下部にその説明が表示されます。オブジェクトの種類は、その名前の前のアイコンで示されます

クラス ビュー (Class View)

オブジェクト ブラウザと似ていますが、表示形式が異なります。

ソリューションの各プロジェクトで定義または参照されているクラスを確認できます。表示は上下の2つのペインに分かれており、上部にはクラスのオブジェクトがツリー構造で表示されます。そして上部のペインでオブジェクトを選択すると、下部にそのオブジェクトのメンバが表示されます。オブジェクトの種類はオブジェクト ブラウザと同様に、その名前の前のアイコンで示されます

コード定義ウィンドウ (Code Definition Window)

カーソル位置の、メソッドやクラスを定義しているコードを確認できます。

背景色の変更

オプションの【環境 → フォントおよび色】を開き、[設定の表示]で[テキスト エディタ]を選択したときの[表示項目]にある、[定義ウィンドウの背景]がコード定義ウィンドウの背景色になります。

呼び出し階層 (Call Hierarchy)

特定のメソッド、プロパティの呼び出し元や呼び出し先を表示することで、コードの流れを確認できます。これを表示するには、エディタまたは任意のウィンドウ上で特定のメソッドやプロパティを右クリックし、表示されるメニューの[呼び出しブラウザ]を選択します。デバッグ時の呼び出し履歴は実行中のメソッドが対象となりますが、この呼び出し階層は任意のメソッドを対象にできます。

エラー一覧 (Error List Window)

C#ならば、コーディング時にエラー箇所を確認できます。

フィルタ

表示対象を制限できます。

  • 検出対象の範囲
    • ソリューション全体
    • 開かれているドキュメント
    • 現在のプロジェクト
    • 現在のドキュメント
  • 検出タイミング
    • ビルド + IntelliSense
    • ビルドのみ … ビルドの実行時に検出されたエラー
    • IntelliSense のみ … ビルドの実行前に検出されたエラー

コントロールの管理

ツールボックス (Toolbox)

編集中のファイルの種類に適合した項目が表示され、たとえばWindowsフォームならばそれのコントロールが表示されます。Using the Toolbox | Microsoft Docs

期待する項目が表示されないならば、メニューの【ツール → ツールボックス アイテムの選択】から項目を追加できます。Choose Toolbox Items Dialog Box (Visual Studio) | Microsoft Docs

ドキュメント アウトライン (Document Outline)

コントロールの親子関係の変更などを容易に行えます。[ドキュメント アウトライン] ウィンドウ | MSDN

Webブラウザ

Webページを参照できます。

これはメニューの【表示 → その他のウィンドウ → Webブラウザ】で表示できます。特定のページを開くには、上部のURL欄に参照したいページのURLを貼り付けEnterを押下します。

MSDN (Microsoft Developer Network) から検索