構文

CSSの宣言

property : value

宣言ブロック (declarations block)

宣言は、中かっこで区切ったブロックでグループ化できます。このとき各宣言はセミコロンで区切ります。ブロック内の最後の宣言の後には、セミコロンはあってもなくても構いません。

{
    property1:value;
    property2:value;
    property3:value
}

{
    property4:value
}

セレクタ (selector)

宣言ブロックが適用される条件を、セレクタで定義します。

selector
{
    property:value
}

文字

大文字/小文字の区別

CSSの構文では大文字/小文字は区別されません。しかしHTMLのidやclass属性、フォント名、URIでは区別されます。4.1.3 Characters and case - Syntax and basic data types

Unicode

文字をUnicodeで表記する場合、たとえば「あ」のコード「U+3042」は「\3042」とします。Adding HTML entities using CSS content - Stack Overflow

url()関数記法

リソースを指定できます。その場所はhttpなどのほか、dataプロトコルでも指定できます。

URLは引用符で囲まないか、囲むならシングルまたはダブルクォートのいずれでも構いません。

css_property: url(http://example.com/sample.png)
css_property: url('http://example.com/sample.png')
css_property: url("http://example.com/sample.png")
The url() functional notation - <url> - CSS | MDN

相対URLで記述する場合はスタイルシートがあるURLが基準であり、スタイルシートが読み込まれたページではありません。

css_property: url("../sample.png")

この記法は、以下の属性などで利用できます。