グラフへのデータの追加

ZedGraphControlクラスのGraphPaneプロパティのメソッドから、データを追加できます。

グラフ メソッド
棒グラフ
(Bar graph)
AddBar
折れ線グラフ
(Line graph)
AddCurve
円グラフ
(Pie graph)
AddPieSlice
(Stick graph) AddStick
エラーバー
(Error bar)
AddErrorBar
HiLoチャート
(Hi-Lo chart)
AddHiLowBar
ロウソク足グラフ
(Candlestick chart)
AddJapaneseCandleStick
OHLC AddOHLCBar

折れ線グラフ (Line graph)

public LineItem AddCurve(
    string label,      // 凡例に表示する名前
    IPointList points, // データのリスト
    Color color        // グラフの色
    )
public LineItem AddCurve(
    string label,         // 凡例に表示する名前
    IPointList points,    // データのリスト
    Color color,          // グラフの色
    SymbolType symbolType // マーカーの種類
    )

グラフをカスタマイズするには、戻り値のLineItemオブジェクトのプロパティにアクセスします。

LineItemクラス

プロパティ
プロパティ 説明
Color ラインとマーカーとバーの色
Symbol グラフのマーカー
IsX2Axis 第2X軸に関連付けるかどうか
IsY2Axis 第2Y軸に関連付けるかどうか

サンプルコード

PointPairList list1 = new PointPairList();
PointPairList list2 = new PointPairList();

// グラフのデータを作成する
for( int i = 0; i < 360; i+= 10 )
{
    double x = i;
    double y1 = Math.Sin( i * Math.PI / 180.0 ) * 10.0;
    double y2 = Math.Cos( i * Math.PI / 180.0 ) * 30.0;

    list1.Add( x, y1 );
    list2.Add( x, y2 );
}


GraphPane graphPane = this.zedGraphControl.GraphPane;

// 赤い曲線を作成する。記号の形状にはダイヤモンドを使用し 凡例には[Alpha]と表示する
LineItem lineItem1 = graphPane.AddCurve( "Alpha", list1, Color.Red, SymbolType.Diamond );

lineItem1.Symbol.Fill = new Fill( Color.White );  // 記号を白で塗りつぶす


// 青い曲線を作成する。記号の形状には円を使用し 凡例には[Beta]と表示する
LineItem lineItem2 = graphPane.AddCurve( "Beta", list2, Color.Blue, SymbolType.Circle );

lineItem2.Symbol.Fill = new Fill( Color.White );  // 記号を白で塗りつぶす
lineItem2.IsY2Axis = true;                        // 第2Y軸に関連付ける


// 軸を設定し直す
this.zedGraphControl.AxisChange();

// グラフを再描画させる
this.zedGraphControl.Invalidate();


実行結果