Microsoft Excel 2007のコマンドライン スイッチ

スイッチとパラメータ 説明
ブックのパス | ファイル名
このパラメータにスイッチは不要
Excelを起動し、指定したファイルを開く
excel.exe "c:¥My Folder¥book1.xlsx"
または
excel.exe http://MySite/Book1.xlsx
/r ブックのパス | ファイル名 指定したブックを、読み取り専用で開く
excel.exe /r "c:¥My Folder¥book1.xlsx"
または
excel.exe /r http://MySite/Book1.xlsx
/t ブックのパス | ファイル名 Excelを起動し、指定したファイルをテンプレートとして開く
excel.exe /t "c:¥My Folder¥book_name.xlsx"
または
excel.exe /t http://MySite/book_name.xlsx
/n ブックのパス | ファイル名 /tと同様、Excelを起動し、指定したファイルをテンプレートとして開く
excel.exe /n "c:¥My Folder¥book_name.xlsx"
または
excel.exe /n http://MySite/book_name.xlsx
/e または /embed Excelの起動時の画面が表示されず、新しい空白のブックが開かれないようにする
excel.exe /e
/p ブックのパス アクティブな作業フォルダとなるフォルダを指定する
([名前を付けて保存]ダイアログ ボックスで指定されるフォルダなど)
excel.exe /p "c:¥My Folder"
/s または /safemode Excelのスタートアップ ディレクトリ (Excelのインストール先ディレクトリにある既定のXLStartフォルダなど) に格納されているすべてのファイルをバイパスする
excel.exe /s
/m 1つのXLMマクロ シートが含まれた、新しいブックを作成する
excel.exe /m
/a progID Excelを起動し、progIDで指定されたオートメーション アドインをロードする
excel.exe /a MyProgId.MyProgID2.1