グラフの作成

グラフの種類

グラフ 用途
縦棒グラフ
(Column charts)
 
折れ線グラフ
(Line charts)
 
円グラフとドーナツ グラフ
(Pie and doughnut charts)
 
横棒グラフ
(Bar charts)
 
面グラフ
(Area charts)
全体の傾向
散布図とバブル チャート
(XY (scatter) and bubble charts)
一対のデータの表示、比較
株価チャート
(Stock charts)
データの変動
等高線グラフ
(Surface charts)
2組のデータ間の組み合わせ
レーダー チャート
(Radar charts)
複数のデータ系列の集計値の比較
Office で利用可能なグラフの種類 - Office サポート

ショートカットキーによるグラフの作成

データを選択してAlt + F1を押すと、そのデータから縦棒グラフが作成されます。この方法では現在のワークシートに貼り付けられますが、F11では新しいワークシート内に作成されます。Excel 2007でショートカットキーを使ってグラフを作成する方法 - 121ware.com

条件を満たさない部分の非表示

条件を満たさないときに空文字を出力するようにしていると、グラフ上では0の位置に描画されてしまいます。このような場合にはNA()でエラー値を出力すると、その部分は描画されなくなります。そのとき#N/Aの表示が障害となるならば、エラーを表示させない方法でそれを非表示にします。折れ線グラフで存在しないデータを非表示にする:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug