script要素

インライン スクリプトの記述、または外部スクリプトの読み込みに使用します。

属性

async

可能ならば、スクリプトを非同期で実行するように指示します。この属性は外部スクリプトでのみ有効であり、インライン スクリプトでは効果はありません。この属性は、HTML5以降でサポートされます。

<script type="text/javascript" src="sample.js" async></script>

非同期で呼び出したスクリプト内では、document.write()は実行できません。よってそのようなスクリプトは、async属性を付けて読み込めません。

defer

ブラウザに対して、スクリプトの読み込みを待たないように指示します。

asyncと同様に、deferを付けて呼び出したスクリプト内でもdocument.write()は実行できません。

type

スクリプト言語を指定します。指定する値は「text/javascript」のように、MIMEタイプである必要があります。

<script type="text/javascript">
<script type="application/javascript>

バージョンの指定

スクリプトのバージョンを指定するときは、version=x.xの形式でMIMEタイプに続けます。

<script type="application/javascript;version=1.5">

language

type属性と同じく、使用されているスクリプト言語を指定します。指定する値はtype属性と異なり、特に規定されていません。

<script language="javascript">

バージョンを指定するときは、スクリプト名の後に続けます。

<script language="javascript1.5">

charset

スクリプトの記述に用いられている文字セットを指定します。これはsrc属性で外部のファイルを参照する場合にのみ、意味を持ちます。

<script charset="utf-8" src="sample.js"></script>

値には次のような文字列を指定でき、大文字/小文字は区別されません。

  • UTF-8 (ISO 10646)
  • SHIFT_JIS (Japanese encoding)
  • EUC-JP (Japanese encoding)
  • ISO-8859-1 (Latin-1)
  • ISO-8859-5 (Cyrillic)
5.1 The Document Character Set - HTML Document Representation
HTMLの情報サイトから、まとめて検索