Notepad++のプラグイン

とても豊富なプラグインで機能を拡張できることも、Notepad++の魅力となっています。ここでは代表的なプラグインとその使用方法を解説します。

目次

プラグインのインストール

プラグインのインストールは、手動で行う方法とツール (Plugin Manager) で行う方法の2種類があります。

プラグインによって、Notepad++が起動時にクラッシュすることがあります。そのときには直近にインストールしたプラグインのdllを削除してから、Notepad++を再起動します。原因となるプラグインを特定できないときには、pluginsフォルダごと削除してみます。

64bit版のNotepad++には、64bit版のプラグインが必要です。32bit版を利用しようとすると「Cannot load 32-bit plugin.」として読み込みに失敗します。

手動によるインストール

必要なプラグインを、

からダウンロードします。そしてダウンロードしたdllファイルをNotepad++をインストールしたフォルダにあるpluginsフォルダにコピーすることで、インストールが完了します。また必要ならば、iniファイルをplugins/Configフォルダにコピーします。

プラグインはANSI版とUnicode版で分かれていますので、適切なものをansiまたはunicodeフォルダ以下のpluginsフォルダに配置します。

C:.
+---ansi
|   +---plugins
|   |   +---APIs
|   |   +---Config
|   |   \---doc
|   +---themes
|   +---updater
|   \---user.manual
\---unicode
    +---localization
    +---plugins
    |   +---APIs
    |   +---Config
    |   \---doc
    +---themes
    +---updater
    \---user.manual

Plugin Managerによるインストール

Plugin Managerプラグインを使用すれば、プラグインのインストールや更新を簡単に行えます。ただし登録されているプラグインしか利用できないため、ここに表示されないプラグインは前述の方法でインストールする必要があります。

このプラグインは、メニューの【プラグイン → Plugin Manager → Show Plugin Manager】から起動できます。そこから起動できないならば、まずPluginManager at SourceForge.netからこのプラグインをダウンロードし、手動でインストールします。

インストールしたいプラグインにチェックをいれ[Install]ボタンをクリックするだけで、インストールが行われます。このときgpup.exeというファイルが管理者権限を要求してくることがありますが、これはPlugin Managerの実行ファイルです。

Plugin Managerでは、必ずしも最新バージョンのプラグインを入手できるわけでありません。

プラグインの更新チェックの停止

Plugin Managerがインストールされているとき、Notepad++の起動時にプラグインの更新確認が行われます。

これを停止するには、メニューの【プラグイン → Plugin Manager → Show Plugin Manager】からPlugin Managerを起動し、[Settings]をクリックします。そして[Notify of plugin updates at startup]のチェックを外します。

プラグインの使用方法

メニューの【プラグイン】から実行します。プラグインによっては最初からショートカットが割り当てられている場合があり、その場合は該当するキーを押下することによっても実行できます。なおこのショートカットは、メニューの【設定 → ショートカット管理】で表示される[Shortcut mapper]の、[Plugin commands]の項目で任意に割り当てられます。

参考

プラグインの開発