導入

ダウンロード

Download Notepad++ - Current Version

ソースコードはGitHub - notepad-plus-plus/notepad-plus-plus: Notepad++ official repositoryにあります。

64bit版のNotepad++では、32bit版のプラグインは利用できません。

EUC-JP対応版

Notepad++は最初から日本語に対応していますが、これはそれに日本語の文字コードであるEUC-JPを追加したものです。しかしこのEUC-JP対応版は、2011/03/05のv5.8.7以降更新されていません2016/01/31にv6.8.8に更新されましたが更新頻度が低いです。よってこの文字コードを使用する必要がなければ、オリジナル版を使用するのが無難です。

アップグレード

バージョン間の違いは、Notepad++ Newsの各バージョンのダウンロード ページで確認できます。

zip版

たいていの設定はNotepad++のインストール フォルダに、xml形式のファイルで保存されています。よってこれらを上書きすれば、アップグレード後も設定を引き継げます。

設定ファイル
ファイル 内容
config.xml 全体の設定や検索履歴など
contextMenu.xml コンテキストメニューの設定
langs.xml 言語ごとのキーワードなどの定義
langs.model.xml langs.xmlの既定値
nativeLang.xml メニューなどで使用される文字列
(localizationフォルダにある、現在割り当てられている言語のファイルのコピー)
session.xml 最近使用したファイルの履歴
shortcuts.xml ショートカットの割り当て
stylers.xml 言語ごとのテーマの定義
stylers.model.xml stylers.xmlの既定値
userDefineLang.xml ユーザー定義言語の定義

コマンドライン引数

Notepad++には、次のコマンドライン引数が用意されています。

引数 機能
--help This help message
-multiInst Launch another Notepad++ instance
-noPlugin Launch Notepad++ without loading any plugin
-l Launch Notepad++ by applying indicated programming language to the file to open
-L Launch Notepad++ by applying indicated localization langCode is browser language code
-n Launch Notepad++ by scrolling indicated line on the file to open
-c Launch Notepad++ on scrolling indicated column on the file to open
-x Launch Notepad++ by indicating its left side position on the screen
-y Launch Notepad++ by indicating its top position on the screen
-nosession Launch Notepad++ without any session
-notabbar Launch Notepad++ without tabbar
-ro Launch Notepad++ and make the file to open read only
-systemtray Launch Notepad++ directly in system tray
-loadingTime Display Notepad++ loading time
-alwaysOnTop Make Notepad++ always on top
-openSession Open a specific session. fullFilePathName must be a session file
-r Open files recursively. This argument will be ignored if fullFilePathName contain no wildcard character
fullFilePathName file or folder name to open (absolute or relative path name)
notepad++.exe --help SourceForge.net: Command Line Switches - notepad-plus

これらの引数は、

notepad++ [--help] [-multiInst] [-noPlugin] [-lLanguage] [-LlangCode] [-nLineNumber]
  [-cColumnNumber] [-xPos] [-yPos] [-nosession] [-notabbar] [-ro] [-systemtray]
  [-loadingTime] [-alwaysOnTop] [-openSession] [-r] [fullFilePathName]

のように指定します。

-multiInst

Notepad++は既定でシングルインスタンスであり、外部でファイルを開いても既存のインスタンスに新しいタブとして取り込まれます。しかし-multiInstを指定することで、このような場合に新しいウィンドウで開かれるようにできます。なお、この-multiInstのオプションは、v6.4.3以降ならば環境設定の[Multi-Instance]からでも指定可能です。

  • セッションをNotepad++の新しいインスタンスで開く (Open session in a new instance of Notepad++)
    … メニューの【ファイル → セッションを読み込む】またはタブのコンテキストメニューの[新しいウィンドウへ移動]などから、意図的にセッションを分離したときに限りマルチインスタンスとなる
  • 常にマルチインスタンスモードとする (Always in multi-instance mode)
  • デフォルト (1つのインスタンス) (Default (mono-instance))