その他のコマンド

関連するコマンド

  • #NoTrayIcon
  • #SingleInstance
  • #Warn
  • AutoTrim
  • Edit
  • ListLines
  • ListVars
  • OutputDebug
  • SysGet
  • Transform
  • URLDownloadToFile
  • VarSetCapacity

システム関連

SysGet

スクリーンの解像度やマルチモニタの情報、それに各種のシステム情報を取得できます。

SysGet,
    OutputVar,
    Sub-command
    [, Param3 ]
SysGet

取得する情報はSub-commandで指定します。そのとき必要ならば、追加の情報をParam3で指定します。

Sub-commandの値 取得内容
MonitorCount モニタの数
MonitorPrimary プライマリモニタの数
Monitor Param3で指定されたモニタの、バウンディング座標。結果はOutputVarで指定した変数名にLeftなどの文字を続ける形式で取得できます。
  • 左端 … OutputVarLeft
  • 上端 … OutputVarTop
  • 右端 … OutputVarRight
  • 下端 … OutputVarBottom
MonitorWorkArea Param3で指定されたモニタの、バウンディング座標からタスクバーなどの領域を除いたもの
MonitorName Param3で指定されたモニタの、名前
80 SM_CMONITORS : デスクトップに表示されているモニタの数
43 SM_CMOUSEBUTTONS : マウスのボタンの数
 

モニタに関する基本的な情報は名前で指定できますが、それ以外は数値で指定します。

SysGet, val, MonitorCount
MsgBox, %val% ; 2

SysGet, val, Monitor, 1
MsgBox, %valLeft%, %valTop%, %valRight%, %valBottom% ; 0, 0, 1920, 1080

DllCall

DLL内部の関数を呼び出します。

Result := DllCall(
    "[DllFile\]Function"
    [, Type1,
    Arg1,
    Type2,
    Arg2,
    "Cdecl ReturnType"])
DllCall

Unicode版とANSI版での違いに注意する必要があります。DllCall - Script Compatibility

ClipWait

クリップボードにデータが格納されるまで待機します。

ClipWait
    [, SecondsToWait, ; 待機する最大の秒数
    1]                ; 1と指定すると、テキストデータ以外も対象となる
ClipWait

SecondsToWaitを省略すると永遠に待ちます。0と指定すると、0.5とみなされます。

既定では、テキストに変換可能なデータが格納されるのを待ちます。テキスト以外を対象とするには、第2パラメータに1を指定します。

Clipboard

AutoHotKey関連

Reload

スクリプトを再読み込み (リロード) します。

Reload
Reload

Suspend

ホットキーホットストリングの有効/無効を切り替えられます。

Suspend [, Mode]
Suspend

Modeは次の値です。

  • On
  • Off
  • Toggle … OnとOffを切り替える (既定値)
  • Permit … 現在のサブルーチンがサスペンドから除外されるようにする

無効に指定したときは、最初にSuspendコマンドが記述されているサブルーチン以外のすべてが無効化されます。