EBWinの使用方法

このページでは、EBWin3.xについて解説しています。このバージョンは2013/04に開発が終了しており、次期バージョンであるEBWin4とは相違があるかもしれません。下位バージョンとの相違点

導入

ダウンロード

ダウンロード(EBWin) Ver.3.06

ポータブルモード

ポータブル版としては提供されておらず、インストーラーによって展開されたファイルから、必要なファイルを別ドライブへコピーすることで実現するものとされています。ポータブルモード(EBWin)

辞書データの準備

辞書データの入手

EBWinには辞書データは含まれないため、別途用意する必要があります。多くは有料ですがWikipediaのように無料のものもあります。

辞書データの配布ページ

電子辞書のソフトウェアとして販売されているものから、その辞書データを流用できる場合があります。

対応データ形式

EBWinはEPWINGやLogoVista形式を始め、いくつかの辞書のデータ形式に対応しています。それ以外のものでも、データ形式を変換することで使用できるようになります。

  • EPWING
  • 電子ブック
    • EB
    • EBG
    • EBXA
    • EBXA-C
    • S-EBXA
    • S-EBXA圧縮形式
  • JIS X4081
  • LogoVista電子辞典
  • PDIC辞書
対応する辞書の規格と機能

LogoVista形式

LogoVistaのデータを利用するには、まず辞書をインストールする必要があります。そしてインストール フォルダのDICフォルダ以下にある.idxファイルを、EBWinの【ファイル → 辞書の追加】から選択します。もしくはデータをEPWINGに変換して利用する方法もあります。

外字

発音記号などがきれいに表示されない場合には、外字を設定します。設定方法としては、

  1. 外字サイズを調整
  2. 外字定義ファイルで設定

の2つがあります。その効果は、それぞれ下表のようになります。

初期状態 1.外字サイズを調整 2.外字定義ファイルで設定

1.外字サイズの調整

オプションの[外字サイズを調整]にチェックを入れると、フォントの設定に応じて外字のサイズも拡大・縮小して調整されます。しかし単純に画像として拡大処理されるだけのため、きれいには表示されません。

2.外字定義ファイル

外字とUnicodeを対応づけることで、外字も設定のフォントで表示されるようにします。そのとき設定されているのがアウトラインフォントならば、文字サイズを調整してもきれいに表示されるようになります。

EBWinには代表的な辞書の外字定義ファイルが付属しているため、所有している辞書がこれに含まれる場合には、これを利用するだけで設定できます。Windows Vista以降では%APPDATA%\EBWin\GAIJI (ポータブル版ではインストールフォルダのGAIJI) にこれらのファイルがありますので、対象の辞書データが置かれたフォルダ名をファイル名として、[フォルダ名.map]の形式に名前を変更します。その後EBWinを再起動すると、変更が適用されます。

公式ページでは、付属の定義ファイル以外のデータも公開されています。

追加用:外字定義ファイル - EBPocket, EBWin - EPWING/EB Viewer for PocketPC,WindowsCE,Windows

構文
外字コード\tUnicode[,Unicode]\t置換文字列
   
外字コード
  • 半角 … hXXXX (XXXXは16進で、0xA121~0xFE7Fの範囲)
  • 全角 … zXXXX
Unicode uXXXXXXXXはUTF-16の16進
置換文字列 クリップボードへコピーするときの文字列
  • Unicode版のEBWinでは、Unicodeが指定されているときにはそれが利用される
  • ShiftJIS版 (MBCS版) のEBWinでは、この置換文字列のみが利用される

次のように記述します。

hA121	u00E1	a
hA122	u00E0	a
hA123	u0251
hA124	u0251,u0301

発音記号

発音記号 - Wikipedia

EBWinへの辞書の登録

メニューの【ファイル → 辞書の追加】からCATALOGSファイルを開くことで、辞書をEBWinへ登録できます。

複数の辞書を一括して登録するならば、【ファイル → 辞書の再検索】からでも行えます。ただしこれを実行すると登録されている辞書が一新されるため、個別に辞書を登録している場合には用いないようにします。

検索方法

実際に使用できるのは、その辞書がサポートする検索方法のみです。

検索方法 検索対象 一致する語句 空白の扱い 記号による検索
前方一致 見出し語 キーワードで始まる 無視 キーワード*
後方一致 見出し語 キーワードで終わる 無視 *キーワード
完全一致 見出し語 キーワードに完全に一致する 無視 キーワード/
クロス条件 見出し語 ※1 複数のキーワードをすべて含む 区切り文字 @キーワード
条件検索 本文 ※1 複数のキーワードをすべて含む 区切り文字 +キーワード
全文検索 本文 本文にキーワードを含む キーワードの一部  
※1 辞書によって異なります。 基本的な検索
検索方法 説明
自動検索 複数の検索方法※2 で検索し、そのいずれかに一致する語句を表示
メニュー検索 辞書のメニューから選択
複合検索 カテゴリから選択
※2 適用する検索方法は、オプションの[ext]タブで設定します。

クリップボードから検索

クリップボードに格納されているテキストをキーワードとして検索できるため、キーワードの入力の手間を省けます。この機能を有効にするには、メニューの【検索 → クリップボード検索】にチェックを入れます。その状態で他のアプリケーションでキーワードをコピーしEBWinをアクティブにすると、コピーしたキーワードで自動で検索されます。さらにオプションの[Option]タブで[クリップボード監視]にもチェックを入れると、EBWinをアクティブにせずともクリップボードにコピーした時点で検索が実行されます。クリップボード検索

検索語履歴の無効化

検索語の履歴はメニューの【編集 → 検索語履歴 → 履歴の削除】から削除できますが、履歴を保存しない機能はVer.3.06の時点では提供されていません。よってこれを実現するには、履歴を保存しているファイルを読み取り専用にして、ファイルに保存されないようにするしかないようです。ebwinの検索履歴 - EBPocket / EBWin サポート掲示板 Q. キーワードの履歴を保存しない方法はありますか。 - 困ったときは - FAQ

検索履歴のファイルは%APPDATA%\EBWin (ポータブル版ではインストールフォルダ) のhistory.txtです。検索語はこのファイルに、テキスト形式で保存されています。

表示方法

連続表示

メニューの【表示 → 連続表示】をチェックすると、検索語の項目に続いて、次の項目も表示されるようになります。連続表示と項目毎表示

連続表示での読み込み数は、オプションの[Option]にある[連続ページ数]で変更できます。オプション

メニュー

メニュー

ツールバー

コマンドボタン

アプリケーションのシステムファイル

ファイル名 説明
history.txt 検索語履歴
alternate.ini Unicode検索置換ファイル
engines.ini 検索エンジン定義ファイル
keycode.ini キー定義ファイル
phonetic.ini PDIC発音記号マップファイル
profile.ini 辞書個別定義 (プロファイル )
*.GRP グループファイル
*.WB 単語帳
GaijiMap.db 外字定義ファイルコンパイルファイル (自動生成)
フォルダ名 説明
GAIJI 外字定義ファイル
MEMO メモ
アプリケーションディレクトリ インストール・アンインストール - EBPocket

グループファイル

<catalog(s)のパス>|<カタログ内の辞書番号>|<種別>(EBGは"G")|<辞書名>|<書籍ディレクトリ名>|<辞書短縮名>|
グループファイル *.GRP - EBPocket

明示的にグループを作成しなくとも、既定でEBPOCKET.grpとEBPOCKET.WBという2つのファイルが作成されます。

ショートカットキー

主なショートカットキー
機能 キー
戻る Alt + ←
進む Alt + →
前の語 Alt + ↑
次の語 Alt + ↓
キー操作

ショートカットキーは、オプションの[Keycode]からカスタマイズが可能です。そしてその設定は、アプリケーションのディレクトリのkeycode.iniに保存されます。キー定義ファイル keycode.ini

トラブル対処法

ショートカットキーが機能しない

オプションから明示的に設定することで解決できます。

参考

マニュアル

掲示板

複数のダウンロードサイトから、まとめて検索